火曜日, 12月09th, 2008 | 著者:

失敗に失敗する. 私は最近、ユーザーが失敗し、コマンドを実行するために助言された議論に出くわした. 結果はでした, 幸いにも, 次のように:

[ユーザーの@ユーザーのデスクトップ〜]$ CD〜/。ゴミ箱; sudoをRM-RFV *
殴りつける: CD: /ホーム/ユーザー/ .Trash: そのようなファイルやディレクトリはありませんいいえ
BASH: 南: コマンドが見つからない
[ユーザーの@ユーザーのデスクトップ〜]$

コマンド CD 〜/.ごみ C言語hanges Directory (または 現在の作業ディレクトリ) /ホーム/ユーザー/ .Trashフォルダへ. この場合, このフォルダが存在し、これは/ home /ユーザー/ PWDとして滞在しません, フォルダ場所 すべて ユーザーのファイルと設定が保存され.

コマンド RM-RFV * RMPWD内のすべてのファイルをoves. ザ “で” 部分は、それがこの除去プロセスの間に行われているかを示す詳細出力を示さなければならないことを示しています. 接頭コマンド (Substitute ある ) コマンドは、実行された ルート. こうして, 持っていた コマンドは、機能的であっ, ユーザー 彼はこれまでの彼のホームフォルダに保存されていたすべての文書を削除しただろう.

バックアップ管理者からの一言アドバイス: バックアップしばしば. 😉

シェア
カテゴリ: リナックス
あなたはを通してこのエントリへの応答に続くことができる RSSフィード 2.0 フィード. あなたができる 応答を残す, または トラックバック ご自分のサイトから.

5 回答

  1. The most appropriate command would have been:
    [ユーザーの@ユーザーのデスクトップ〜]$ CD〜/。ゴミ箱 && sudoをRM-RFV *

    The difference is that the “&&” will only run the second command *if* the first command is successful

  2. ^^ or even just:
    [ユーザーの@ユーザーのデスクトップ〜]$ sudo rm -rfv ~/.Trash/*

  3. 3
    moo 

    You knowOSS geekery is so depressingif you were an MS nerd as nature intended there wld just be a group policy to stop this from happening. You may now commence to rebutt.

  4. 4
    moo 

    That being said, the occasional visit from the rm -rf fairy never did anyone any harmalong the same lines as the principles of following a high-fibre diet, and probably for the same reason

  5. I love fairies. 🙂

    Only rebutt is that it isn’t specifically an OSS problem. そうでなければ, I’m happy having your honest comments here. 😉

    U just got me reading up on RBACprobably the future of *nix security. Time will tell. 😉

返信を残す » ログイン