カテゴリーの投稿 » バックアップ «

日曜日, 8月の04th, 2013 | 著者:

歴史

私が最後に述べたので、あまり変わっていた私の パーソナル·サーバ – それが飛躍的に成長してきました (それは今7TBを持って モルドバ RAID6) それが最近で再構築されていた Ubuntuの サーバ.

アーチ 間違いはなかった. アーチLinuxはすでにLinuxについてはあまり教えてくれた (私の他のデスクトップ上でそうしていきます). しかし、アーチは間違いなく私は、サーバーに費やすしたいよりも、多くの時間と注意が必要です. リマインダーメールが言うまで、理想的には、私はしばらくの間、サーバーのことを忘れることができることを好むだろう “うーん … あなたが見ているは​​ずのカップルアップデートはあり, バディ。”

スペースは無料ではありません – そしてどちらもスペースです

Ubuntuのに移行する機会は私は使い果たしていたという事実だった SATA ポート, コンピュータの残りの部分にハードドライブを接続するために必要なポート – 7TB RAIDアレイは、ポートを多く使用していること! 私も離れて与えていた私の 非常に それは、これらのポートのいずれかを取り上げたように、古い200ギガバイトのハードディスク. 私はまた、受信者に警告しているディスクの SMART モニタリングは、それが信頼できないことを示した. SATAポートが不足している一時的な回避策として, 私もMDに4つのUSBスティックのセットに、サーバーのOSを移行していた RAID1. クレイジー. 私は知っている. 私はスピードについてあまりにも幸せではなかった. 私が出て行って、新しい信頼性の高いハードドライブとそれに行くためにSATA拡張カードを買うことにした.

サーバのプライマリアーチパーティションはディスクの7ギガバイト程度使用していた. の大きな塊だった スワップ ファイル, キャッシュされたデータ そうでなければ雑または不要なファイル. OSの全体の実際のサイズ, 含む /ホーム フォルダ, 約2GBのみであった. これは私が超高速に検索するように求め SSD 運転, おそらく小さい方を考えることは非常に高価ではないかもしれません. それは私が実際に見つけることができる最も安価な非SSDドライブがかかることが判明 もっと これらの比較的小さなSSDの1より. 私にとってイェーイ. 🙂

選択? すごい迫力?!

OSを選ぶ際に, 私はすでにそれがアーチではないことを決めたと思います. 他のすべての人気のあるディストリビューションのうち、, 私はUbuntuの最も精通だと CentOSの. フェドーラ 可能性もあった – しかし、私は真剣にまだサーバのためにそれを考えられていなかった. Ubuntuのは、ラウンドを獲得.

私がしなければならなかった次の決定は私になる​​まで発生しませんでした 遍在 (Ubuntuのインストールウィザード) 私のことを尋ねた: 設定方法 パーティション.

私は、LinuxでSSDを使用することに新しかった – 私はそれらを正しく使用していないの落とし穴よく承知している, 主に貧しい長生きのリスクに起因し、取り扱いを誤ると.

私専用のスワップパーティションを使用する必要はありませんでした. 私は将来的には、それほど遠くないサーバーのマザーボード/ CPU /メモリのアップグレードを計画している. それに基づいて私は、既存のmdのRAID上のスワップファイルにスワップを置くことを決めた. スワップは、特に高速ではありませんが、何かが間違っているときに、その唯一の目的は、その稀な機会のためになり、メモリが利用できない.

そして、これは与えるために私を残し ルートパス のうち、完全な60ギガバイト インテル 330 SSD. 私は/ homeを分離すると考えられますが、それだけでは少し無意味に見えた, ほとんどが過去に使用した方法を与えられた. 私は最初にパーティションを設定 LVM – 私はLinuxマシンをセットアップするたびに私が最近行ってきた何か (本当に, LVMを使用しない言い訳はありません). それは私がファイルシステムを構成するであろう部分に着いたとき, 私は、ドロップダウンをクリックし、本能的にext4を選択. それから私は、同じリスト内のbtrfsに気づいた. にハングアップする!!

しかし、どのような?

その他のbtrfs (“バター-EFF-ESS”, “優れ-EFF-ESS”, “蜂木EFF-ESS”, あなたは一日に空想またはものは何でも) Linuxをもたらすために開発された比較的新しいファイルシステムです’ 現在のファイルシステム技術を使用してバックトラック上のファイルシステムの機能. 既存のキング·オブ·ザ·ヒルファイルシステム, “EXT” (ext4は呼ばれ、現在のバージョン) かなり良いです – しかし、それは限られている, 古いパラダイムで立ち往生 (新ブランドを考える F22ラプター 対. 不定冠詞 F4ファントム 相当のアップグレードにおける半jested試みた) などなどの新しいエンタープライズファイルシステムと非常に長いために競争することができることはほとんどありません オラクルのZFS. Btrfsはまだ長い道のりがあり、まだ実験的なものと考えて (あなたが尋ねると何の必要とする機能を誰に応じて). 多くは、それが基本的な使用のために安定するように検討する – しかし誰もいかなる​​保証をするつもりはありません. と, もちろん, みんながバックアップを作成してテストすると言っている!

Mooooooo

extおよびその他のbtrfsの間の最も基本的な違いは、その他のbtrfsであるということです “牛” または “コピーオンライト” ファイルシステム. これは、データが実際にファイルシステムの内部で意図的に上書きされることはないことを意味します. あなたがファイルに変更を書き込む場合, その他のbtrfsは、物理メディア上の新しい場所に変更を書き込みますし、新しい場所を参照するために内部ポインタを更新します. Btrfsはそれで歩踏み込んそれらの内部ポインタ (メタデータと呼ばれる) アール また 牛. extの古いバージョンでは単に上書きされたデータを持っているでしょう. ext4はACプラグが最も都合の悪い瞬間にヤンクされるべきで破損が発生しないことを保証するためにジャーナルを使用します. データを更新するために必要な手順と同様の数のジャーナル結果. SSDと, 基盤となるハードウェアは、同じような牛のプロセスを使用しているどのようなファイルシステムに関係なく動作します. SSDドライブは、実際にデータを上書きすることができないためです – 彼らはデータをコピーする必要が (あなたの変化に) 新しい場所にして、完全に古いブロックを消去. この領域の最適化は、SSDも古いブロックを消去するのではなく、単純に物事は忙しくありません、後でブロックを消去するためのメモをしないかもしれないということです. 最終結果は、SSDドライブは牛のシステムと非常によく合うと非COWファイルシステムと同様に実行しないということです.

事態を面白くする, ファイルシステム内の牛は簡単に重複排除機能と呼ばれる機能と手をつないで行く. これにより、2 (以上) データの同一のブロックが1つのコピーのみを使用して格納される, 省スペース. 牛と, 重複除外されたファイルが変更された場合, 修正されたファイルのデータは、異なる物理ブロックに書き込まれていますように独立したツインには影響がありません.

今度は牛になります スナップショット 実装が比較的簡単. スナップショットが作成されると、システムは、単にボリューム内のすべてのデータおよびメタデータの重複があると、新しいスナップショットを記録します. 牛と, 変更が行われたとき, スナップショットのデータは無傷のままで, およびスナップショットを作成した時点のファイルシステムの状態の一貫したビューを維持することができる.

新しい友人

念頭に置いて、上記と, Ubuntuはインストール時のオプションとしてその他のbtrfsを用意しました、特にとして, 私はそれがその他のbtrfsに飛び込むと少しを探検するのによい機会だと考えました. 🙂

パート 2 すぐに来る …

シェア
土曜日, 2月21日, 2009 | 著者:

比較的新しいドキュメントタイプ オフィス 2007 そのクライアントはダウンロード用のドキュメントを提供したいと、一部のWebホストの問題を与えている. 最も頻繁に, 文書としてウェブサーバによって提供されている “テキスト/ HTML” その後、Webユーザの画面上のごみのトンとしてレンダリングされる.

これを解決する最良の方法は、すべて追加することです MIME サーバのメイン設定するタイプの. IIS7 Windowsは、すでにこれらのMIMEタイプは、デフォルトで正しくセットアップされているため. IIS6とIIS5はMIMEタイプを追加する必要が, かもしれませんが アパッチ 古いインストールで. Apacheの, Apacheの経由でMIMEタイプを追加するには、個々のドメインの所有者のための回避策もあります .htaccessファイル ファイル.

IIS 6 MIMEタイプ添加 (サーバー管理者のための)

これを行うことができる前に, サーバーもメタベースの直接編集を許可するように設定されていることを確認:

  1. ロード IISマネージャ: スタート - > R国連, “INETMGR” -> [[OK]]
  2. 右クリック “サーバー” をクリックします “PRoperties”
  3. 中に “インターネットインフォメーションサービス” タブ (通常、タブ), ことを確認してください “それNできメタベースの直接編集” チェックボックスがチェックされている.
  4. クリック [[OK]]

に確認してください IISの設定をバックアップ (ここで IIS 5のため) あらかじめ. 私は彼のサーバーを壊す管理者は一切の責任を負いません. 私はこれを信じる理由を持っている かもしれない また、しかし、私はそれだけでエラーの多くを与えるかもしれないと信じるに同じくらいの理由があるIIS 5上で動作する. IIS 5の場合 / Windowsの 2000 管理者は、私のためにこれをテストしていく所存です バックアップ後 コンフィギュレーションは、私は結果を教えてください.

msoff07-addmime.vbsという名前のファイルに次のテキストをコピーし、それを実行 一度 次のように入力してコマンドラインから します。cscript msoff07-addmime.vbs そしてEnterキーを押す. あなたは複数回で実行すると, MIMEタイプは、毎回追加され、あなたが複数の同一のエントリを持つことになります:

'このスクリプトは、必要なオフィスが追加されます 2007 IISにMIMEタイプ 6 サーバ.
'このスクリプトを使用するには, ただダブルクリックするか、コマンドラインから実行.
複数のエントリで「このスクリプトを実行すると、複数回の結果
「IISのMimeMapだから、それを実行すべきではありませんが複数回.
「HTTPから変更://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms752346.aspx
 
いいえ MimeMapObj, MimeMapArray, MimeTypesToAddArray, は、WshShell, oExec
定数 ADS_PROPERTY_UPDATE = 2 
 
「追加するMIMEタイプを設定する
MimeTypesToAddArray = 配列(」。DOCM", 「application/vnd.ms-word.document.macroEnabled.12", _
」。のdocx", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.wordpro​​cessingml.document", _
」。DOTM", 「application/vnd.ms-word.template.macroEnabled.12", _
"。DOTX", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.wordpro​​cessingml.template", _
」。POTM", 「application/vnd.ms-powerpoint.template.macroEnabled.12", _
」。potx", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.template", _
」。PPAM", 「application/vnd.ms-powerpoint.addin.macroEnabled.12", _
」。PPSM", 「application/vnd.ms-powerpoint.slideshow.macroEnabled.12", _
」。PPSX", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.slideshow", _
」。pptm", 「application/vnd.ms-powerpoint.presentation.macroEnabled.12", _
」。PPTX", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation", _
」。SLDM", 「application/vnd.ms-powerpoint.slide.macroEnabled.12", _
」。sldx", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.slide", _
」。Xlam", 「application/vnd.ms-excel.addin.macroEnabled.12", _
」。XLSB", 「application/vnd.ms-excel.sheet.binary.macroEnabled.12", _
」。XLSM", 「application/vnd.ms-excel.sheet.macroEnabled.12", _
」。XLSX", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.sheet", _
」。XLTM", 「application/vnd.ms-excel.template.macroEnabled.12", _
」。XLTX", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.template") 
 
'のMimeMapオブジェクトを取得
セット MimeMapObj = GetObjectは("事​​項://ローカルホスト/のMimeMap")
 
'拡張子/ MIMEタイプのすべてのペアに対してAddMimeTypeを呼び出し
のために カウンター = 0  UBound関数(MimeTypesToAddArray) 手順 2
    AddMimeType MimeTypesToAddArray(カウンター), MimeTypesToAddArray(カウンター+1)

 
「Shellオブジェクトを作成します。
セット は、WshShell = のCreateObject(」は、Wscript.Shell")
 
「IISサービスを停止して起動します
セット oExec = は、WshShell.EXEC(「ネット停止W3SVC")
やる 同時に oExec.ステータス = 0
    のWScript.スリープ 100
ループ
 
セット oExec = は、WshShell.EXEC(「NET STARTのW3SVC")
やる 同時に oExec.ステータス = 0
    のWScript.スリープ 100
ループ
 
セット oExec = 何も
 
ユーザへの「報告書のステータス
のWScript.エコー 「マイクロソフトのオフィス 2007 ドキュメントのMIMEタイプが登録されている。"
 
'AddMimeTypeサブ
サブ AddMimeType (EXT, MTYPE)
 
    'のMimeMapプロパティからマッピングを取得する.
    MimeMapArray = MimeMapObj.GetEx(」のMimeMap") 
 
    「新しいマッピングを追加する.= UBound関数(MimeMapArray) + 1
    ReDimステートメント MimeMapArrayを保つ()
    セット MimeMapArray() = のCreateObject(」のMimeMap")
    MimeMapArray().延長 = EXT
    MimeMapArray().MIME型 = MTYPE
    MimeMapObj.PutEx ADS_PROPERTY_UPDATE, 」のMimeMap", MimeMapArray
    MimeMapObj.SetInfoを
 
終わり サブ

ApacheのMIMEタイプの追加 (サーバー管理者のための)

Apacheは正常にあるファイルで、そのMIMEタイプを格納 $INSTALLPATH / confに/ mime.typesを. にmod_mimeを参照してください。 ドキュメンテーション それがどのように動作するかの詳細については. アーチのLinux で、そのMIMEタイプがインストールされます /など/ httpdの/ confに/ mime.typesをにParallels Plesk にインストールします /PSA /管理者/研究会/ mime.typesを/ usr / localに. お使いのディストリビューションには、別の場所でそれを持っているかもしれません, ので、あなたの見つけ のmime.types 実行してファイル mime.typesのを見つけ.

あなたのmime.typesファイルに次の行を追加します。:

application/vnd.ms-word.document.macroEnabled.12                          docm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.wordprocessingml.document   docx
application/vnd.ms-word.template.macroEnabled.12                          dotm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.wordprocessingml.template   dotx
application/vnd.ms-powerpoint.template.macroEnabled.12                    potm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.template     potx
application/vnd.ms-powerpoint.addin.macroEnabled.12                       ppam
application/vnd.ms-powerpoint.slideshow.macroEnabled.12                   ppsm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.slideshow    ppsx
application/vnd.ms-powerpoint.presentation.macroEnabled.12                pptm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation pptx
application/vnd.ms-powerpoint.slide.macroEnabled.12                       sldm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.slide        sldx
application/vnd.ms-excel.addin.macroEnabled.12                            xlam
application/vnd.ms-excel.sheet.binary.macroEnabled.12                     xlsb
application/vnd.ms-excel.sheet.macroEnabled.12                            xlsm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.sheet         xlsx
application/vnd.ms-excel.template.macroEnabled.12                         xltm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.template      xltx

ApacheのMIMEタイプの追加 (少なくとも持つドメインの所有者のための FTP アクセス – 。htaccessファイルを使って)

ドメインの次のテキストを追加します。 .htaccessファイル ファイル, 最も一般的に中 をhttpdocs / ディレクトリ

AddTypeの application/vnd.ms-word.document.macroEnabled.12 DOCM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.wordpro​​cessingml.documentのDOCX
AddTypeの application/vnd.ms-word.template.macroEnabled.12 DOTM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.wordpro​​cessingml.template DOTX
AddTypeの application/vnd.ms-powerpoint.template.macroEnabled.12 POTM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.template potx
AddTypeの application/vnd.ms-powerpoint.addin.macroEnabled.12 PPAM
AddTypeの application/vnd.ms-powerpoint.slideshow.macroEnabled.12 PPSM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.slideshow PPSX
AddTypeの application/vnd.ms-powerpoint.presentation.macroEnabled.12 pptm
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentationのPPTX
AddTypeの application/vnd.ms-powerpoint.slide.macroEnabled.12 SLDM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.slide sldx
AddTypeの application/vnd.ms-excel.addin.macroEnabled.12 xlam
AddTypeの application/vnd.ms-excel.sheet.binary.macroEnabled.12 XLSB
AddTypeの application/vnd.ms-excel.sheet.macroEnabled.12 XLSM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.sheetのXLSX
AddTypeの application/vnd.ms-excel.template.macroEnabled.12 XLTM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.template XLTX
シェア