カテゴリーの投稿 » Windowsの «

金曜日, 9月11日, 2009 | 著者:

USBの地に平和を

*ニックス オペレーティング·システム, に複数のパーティションを持つ USBドライブ ロケット科学ではありません, それだけで動作します. 私の場合, 最初のパーティションが起動可能であるので、私のUSBドライブが2つのパーティションを持つ アーチのLinux インストール.

私が持っている Windowsの 自宅でデスクトップ上 – 主にゲーム用 – そして私の同僚の多くは、あまりにもそれを使用. WindowsがWindows以外のパーティションで非常にうまくやっていないので、私は私が作成することができます考え出した FAT32 ブート可能なアーチLinuxパーティション後のメモリスティック上のパーティション. FAT32はほぼユビキタスであり、世界のすべての一般的なデスクトップ·オペレーティング·システム上で使用可能である.

Bleh

残念ながらそれはストレートバットからは動作しません. 明らかに, マイクロソフト その無限の知恵でメモリスティックが1を持っていることになっていると判断し (唯一1) パーティション. 実際にはWindowsが最初のパーティションを検索してから設定することが起こる他のものを無視します:

Please Format

誤る, いいえ, 私はあなたが私のアーチLinuxのインストールパーティションをフォーマットする必要はありません

それが動作して得るためにトリックは、デバイスを考えることには、Windowsをばかにされている しない おそらく、通常のUSBメモリスティックが、 ソリッドステートハードディスク USB経由で接続することがたまたま. はい私は知っている, これは、Windowsがこのように動作することを真剣に愚かである. ソリッドステートハードディスクだけでなんと大きいです (と高速) 結局メモリースティック!

私はまだ自分でいくつかのことを理解しなければならなかったが、私はこれを行う方法には、いくつかの情報源を見つけた. 特に, 私が見つけたガイドが、いくつかのステップをスキップするか、ドライバパッケージをダウンロードする場所について十分な情報を提供しなかったのどちらか.

この手順は、手動でハードウェアのドライバを変更し、インストールが含ま “非署名した” ドライバー “ご使用のハードウェアのために意図されていない”. 私は誰かが自分のシステムを破壊し、私を責めために起こっている知っているので、私はあなたがこの結果として、Windowsシステムにするかもしれないいかなる損害についても責任を負いませんことを今言う. もう一度それを読んで. 😛

説明書

remove the highlighted text

拡大版のためにクリック

ドライバをダウンロードし、解凍します, 元々日立によって作成された, ここで. メモ帳でcfadisk.infファイルを開きます (またはお好みの平文のエディタ), とラベルされたセクションを見つける [cfadisk_device]. セクションを削除するには、右上で強調表示:

最小化する (閉じないでください) エディタと、デスクトップのアイコンに移動します – マイコンピュータを右クリックして、Pを選択Roperties. [ハードウェア]タブを選択し、[選択] [Deviceマネージャ]:

System Properties

下のデバイスを見つける “ディスクドライブ”, あなたのメモリスティックを右クリックし、[P]を選択Roperties:

Device Manager

[詳細]タブをクリックし、そのページ上のドロップダウンボックスで, 選択する “ハードウェアID”. ハードウェアIDのリスト内の最初の行をクリックし、名前をコピーするには、Ctrl Cキーを押してください:

USB Hardware Ids

このダイアログを閉じないでください, メモ帳に戻る (その最小化された) および以前のコンテンツが除去された場合に、ハードウェアIDを貼り付け.

Changes pasted into notepad

メモ帳でファイルを保存して、デバイスのプロパティダイアログウィンドウに戻り. クリック “ドライバ” タブをクリックします [Uまず最初にすべきドライバー…] ボタン. ポップアップするウィンドウ内の, 選択する “しない, 以下この T名前”; [NEXT] -> “リストまたはAからインストールする Specific場所 (高度な)”; [NEXT] -> “Don't検索. 私は、インストールするドライバを選択します。”; [NEXT] -> [HAVEディスク…].

Unsigned Drivers - Click Continue Anyway

変更したcfadisk.infファイルを保存したフォルダを参照. クリック [[OK]]. あなたが見つかります

記載されている日立マイクロドライブのドライバがあります. これを選択し、をクリックします [NEXT]. ときに警告

表示, クリック [Yこれは]. 別の警告は、同様の問題に関するポップアップ表示されます (これらは “署名されていない” と “ご使用のハードウェアのために意図されていない” 私は前述の警告). クリック [C言語とにかくontinue]:

この時点で私はセットアップに関連するすべてのダイアログボックスを閉じることをお勧めします. 最終的に, 削除して再挿入あなたのUSBポートにUSBメモリを、あなたはスティック上の余分のパーティションがアクセス可能であることを見つける必要があります. 最悪の場合, あなたはまだしなければならない場合があります ディスクをパーティションに分割 しかし難しい部分は終わった. 🙂

シェア
月曜日, 月06th, 2009 | 著者:

私は出くわした 2 のバグ Windows Serverの 2003 また、に関連していること ウィンドウズXP.

ショート回路

1. インターネットエクスプローラのデスクトップアイコンは無効になります. あなたは、アイコンをダブルクリックすると, IEが起動するように期待して, それは単に、追加を生成 ショートカット. その後のダブルクリックは、再びより多くのショートカットを作る. それは可能です, 回避策として, [スタート]メニューから、IEを起動する.

私の最初の推測では、ということでした マルウェア 私は新しいショートカット、さらにマルウェアをオープンしたこれらの新しいショートカットをクリックしてくださいしようとしていた. このアイデアはすぐ以来ものの色あせた, マルウェアは、これらの症状を生成するためのシステム権限を持っているならば, それがさらに権限を提供するために私を必要としないだろう.

私は最終的に発見 ここで 実際の問題が何だったの. 私の場合, 原因はIE6は時代遅れであることに関連していた. Windowsの場合は レジストリ エントリの名前は “LegacyDisable” およびレジストリキーの特定のタイプに追加されます, それは、Windowsキーが廃止され、それが唯一の下位互換性のために残されていることであることを知ることができます. この場合, それが意図された、主なものを無効に “動詞” 機能 (ダブルクリックする) ショートカットの: IEを起動する.

修正するには, あなたは、IEの最新バージョンにアップデートするか、直接レジストリエントリを修正するか、. あなたも、IEの最新バージョンでこの問題が発生した場合、レジストリ値は、私はそれを修正する方法を知っている唯一の方法である.

危険, ウィル·ロビンソン!

これは些細なレジストリの変更ですが, レジストリは、まだそうと混乱に危険なものである, いつものように, レジストリのバックアップをとる: 見る KB322756. 誰も私を責めるために取得しない トラッシング 彼らのシステム. 😛

登録解除私!

.regファイルに次のように貼り付けて、それを実行する; または手動で削除 “LegacyDisable” 呼ば-にここにエントリー:

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID {871C5380-42A0-1069-A2EA-08002B30309D}\シェル NoAddons ]
"LegacyDisable"=-
 
[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID {871C5380-42A0-1069-A2EA-08002B30309D}\シェル OpenHomePage]
"LegacyDisable"=-

私を火災!

2. IEの中から任意のサイトを参照しようとすると、, IEは休眠しばらく残る Firefoxの 起動される. Firefoxはその後、もともとIEで要求されたページをロードする.

多くは、ほとんどの時間を、これは勝利であると考えるかもしれませんが [ここで幼稚な笑いを挿入], 私はを参照したいサイトがあった Windowsの更新プログラム サイトどの, 残念ながら, Firefoxを使用している場合は機​​能しません. 同じ支持ウェブブラウザに依存する他のサイトにも適用される アクティブエックス.

私も登録解除!

私は最終的に解決策を見つけた ここで, それは最初のバグのためのソリューションと同様であることが判明 – それはキー全体を削除することを除き、. 再び, あなたが続ける前に、レジストリのバックアップを持っていることを確認. ここ.regファイルの関連性の高いコンテンツです:

[-HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID {C90250F3-4D7D-4991-9B69-A5C5BC1C2AE6}]

私は誰にも同様の問題を持つために物事を解決します願っています. 🙂

シェア
水曜日, 3月18日, 2009 | 著者:

[編集] そのためにあまりにも多くの. これは、ことが判明 opensslの 鍵と証明書が単一のファイルに入っていることを判定することができる. 従って, いいえ csplitはティンは必須 (よく, 私はこれを読んで、誰かが、少なくともどのように素敵なcsplitは学びました願っています). 実際には, スクリプト全体は、同様に廃止された可能性があります… blaargh. よく, 少なくとも、それが空白のパスフレーズを与えていないのいい警告する. 😀

ここでは新バージョンです:

pem2pfx – Windows互換の.pfx証明書ファイルに秘密鍵と署名された証明書を含むの.pem形式のファイルに変換し.

#!/binに/ bashの
#pem2pfx
#V0.2
#トリッキー - brendan@swiftspirit.co.za
# フォーマットを.PFXするの.pem証明書ファイルに変換
# $1 ソースファイルである
セット -と
 
場合 [ $# = 1 ]; その後
  OUTPUTFILE=`エコー $1 | しかし の/の.pem $ /。PFX / '`
 
  エコー 「下のパスワードを指定してください. Windowsは、空のパスワードでの.pfx証明書をインポートすることを拒否。"
  OpenSSLのPKCS12 -輸出 -アウト $OUTPUTFILE -中に $1
 
 ほかに
  エコー "pem2pfx - IISの互換.pfxファイルへの.pemフォーマットされ、秘密鍵と証明書ファイルに変換します。"
  エコー "使用法: pem2pfx inputfile.pem"
ある

もっと…

シェア
土曜日, 2月21日, 2009 | 著者:

比較的新しいドキュメントタイプ オフィス 2007 そのクライアントはダウンロード用のドキュメントを提供したいと、一部のWebホストの問題を与えている. 最も頻繁に, 文書としてウェブサーバによって提供されている “テキスト/ HTML” その後、Webユーザの画面上のごみのトンとしてレンダリングされる.

これを解決する最良の方法は、すべて追加することです MIME サーバのメイン設定するタイプの. IIS7 Windowsは、すでにこれらのMIMEタイプは、デフォルトで正しくセットアップされているため. IIS6とIIS5はMIMEタイプを追加する必要が, かもしれませんが アパッチ 古いインストールで. Apacheの, Apacheの経由でMIMEタイプを追加するには、個々のドメインの所有者のための回避策もあります .htaccessファイル ファイル.

IIS 6 MIMEタイプ添加 (サーバー管理者のための)

これを行うことができる前に, サーバーもメタベースの直接編集を許可するように設定されていることを確認:

  1. ロード IISマネージャ: スタート - > R国連, “INETMGR” -> [[OK]]
  2. 右クリック “サーバー” をクリックします “PRoperties”
  3. 中に “インターネットインフォメーションサービス” タブ (通常、タブ), ことを確認してください “それNできメタベースの直接編集” チェックボックスがチェックされている.
  4. クリック [[OK]]

に確認してください IISの設定をバックアップ (ここで IIS 5のため) あらかじめ. 私は彼のサーバーを壊す管理者は一切の責任を負いません. 私はこれを信じる理由を持っている かもしれない また、しかし、私はそれだけでエラーの多くを与えるかもしれないと信じるに同じくらいの理由があるIIS 5上で動作する. IIS 5の場合 / Windowsの 2000 管理者は、私のためにこれをテストしていく所存です バックアップ後 コンフィギュレーションは、私は結果を教えてください.

msoff07-addmime.vbsという名前のファイルに次のテキストをコピーし、それを実行 一度 次のように入力してコマンドラインから します。cscript msoff07-addmime.vbs そしてEnterキーを押す. あなたは複数回で実行すると, MIMEタイプは、毎回追加され、あなたが複数の同一のエントリを持つことになります:

'このスクリプトは、必要なオフィスが追加されます 2007 IISにMIMEタイプ 6 サーバ.
'このスクリプトを使用するには, ただダブルクリックするか、コマンドラインから実行.
複数のエントリで「このスクリプトを実行すると、複数回の結果
「IISのMimeMapだから、それを実行すべきではありませんが複数回.
「HTTPから変更://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms752346.aspx
 
いいえ MimeMapObj, MimeMapArray, MimeTypesToAddArray, は、WshShell, oExec
定数 ADS_PROPERTY_UPDATE = 2 
 
「追加するMIMEタイプを設定する
MimeTypesToAddArray = 配列(」。DOCM", 「application/vnd.ms-word.document.macroEnabled.12", _
」。のdocx", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.wordpro​​cessingml.document", _
」。DOTM", 「application/vnd.ms-word.template.macroEnabled.12", _
"。DOTX", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.wordpro​​cessingml.template", _
」。POTM", 「application/vnd.ms-powerpoint.template.macroEnabled.12", _
」。potx", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.template", _
」。PPAM", 「application/vnd.ms-powerpoint.addin.macroEnabled.12", _
」。PPSM", 「application/vnd.ms-powerpoint.slideshow.macroEnabled.12", _
」。PPSX", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.slideshow", _
」。pptm", 「application/vnd.ms-powerpoint.presentation.macroEnabled.12", _
」。PPTX", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation", _
」。SLDM", 「application/vnd.ms-powerpoint.slide.macroEnabled.12", _
」。sldx", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.slide", _
」。Xlam", 「application/vnd.ms-excel.addin.macroEnabled.12", _
」。XLSB", 「application/vnd.ms-excel.sheet.binary.macroEnabled.12", _
」。XLSM", 「application/vnd.ms-excel.sheet.macroEnabled.12", _
」。XLSX", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.sheet", _
」。XLTM", 「application/vnd.ms-excel.template.macroEnabled.12", _
」。XLTX", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.template") 
 
'のMimeMapオブジェクトを取得
セット MimeMapObj = GetObjectは("事​​項://ローカルホスト/のMimeMap")
 
'拡張子/ MIMEタイプのすべてのペアに対してAddMimeTypeを呼び出し
のために カウンター = 0  UBound関数(MimeTypesToAddArray) 手順 2
    AddMimeType MimeTypesToAddArray(カウンター), MimeTypesToAddArray(カウンター+1)

 
「Shellオブジェクトを作成します。
セット は、WshShell = のCreateObject(」は、Wscript.Shell")
 
「IISサービスを停止して起動します
セット oExec = は、WshShell.EXEC(「ネット停止W3SVC")
やる 同時に oExec.ステータス = 0
    のWScript.スリープ 100
ループ
 
セット oExec = は、WshShell.EXEC(「NET STARTのW3SVC")
やる 同時に oExec.ステータス = 0
    のWScript.スリープ 100
ループ
 
セット oExec = 何も
 
ユーザへの「報告書のステータス
のWScript.エコー 「マイクロソフトのオフィス 2007 ドキュメントのMIMEタイプが登録されている。"
 
'AddMimeTypeサブ
サブ AddMimeType (EXT, MTYPE)
 
    'のMimeMapプロパティからマッピングを取得する.
    MimeMapArray = MimeMapObj.GetEx(」のMimeMap") 
 
    「新しいマッピングを追加する.= UBound関数(MimeMapArray) + 1
    ReDimステートメント MimeMapArrayを保つ()
    セット MimeMapArray() = のCreateObject(」のMimeMap")
    MimeMapArray().延長 = EXT
    MimeMapArray().MIME型 = MTYPE
    MimeMapObj.PutEx ADS_PROPERTY_UPDATE, 」のMimeMap", MimeMapArray
    MimeMapObj.SetInfoを
 
終わり サブ

ApacheのMIMEタイプの追加 (サーバー管理者のための)

Apacheは正常にあるファイルで、そのMIMEタイプを格納 $INSTALLPATH / confに/ mime.typesを. にmod_mimeを参照してください。 ドキュメンテーション それがどのように動作するかの詳細については. アーチのLinux で、そのMIMEタイプがインストールされます /など/ httpdの/ confに/ mime.typesをにParallels Plesk にインストールします /PSA /管理者/研究会/ mime.typesを/ usr / localに. お使いのディストリビューションには、別の場所でそれを持っているかもしれません, ので、あなたの見つけ のmime.types 実行してファイル mime.typesのを見つけ.

あなたのmime.typesファイルに次の行を追加します。:

application/vnd.ms-word.document.macroEnabled.12                          docm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.wordprocessingml.document   docx
application/vnd.ms-word.template.macroEnabled.12                          dotm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.wordprocessingml.template   dotx
application/vnd.ms-powerpoint.template.macroEnabled.12                    potm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.template     potx
application/vnd.ms-powerpoint.addin.macroEnabled.12                       ppam
application/vnd.ms-powerpoint.slideshow.macroEnabled.12                   ppsm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.slideshow    ppsx
application/vnd.ms-powerpoint.presentation.macroEnabled.12                pptm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation pptx
application/vnd.ms-powerpoint.slide.macroEnabled.12                       sldm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.slide        sldx
application/vnd.ms-excel.addin.macroEnabled.12                            xlam
application/vnd.ms-excel.sheet.binary.macroEnabled.12                     xlsb
application/vnd.ms-excel.sheet.macroEnabled.12                            xlsm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.sheet         xlsx
application/vnd.ms-excel.template.macroEnabled.12                         xltm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.template      xltx

ApacheのMIMEタイプの追加 (少なくとも持つドメインの所有者のための FTP アクセス – 。htaccessファイルを使って)

ドメインの次のテキストを追加します。 .htaccessファイル ファイル, 最も一般的に中 をhttpdocs / ディレクトリ

AddTypeの application/vnd.ms-word.document.macroEnabled.12 DOCM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.wordpro​​cessingml.documentのDOCX
AddTypeの application/vnd.ms-word.template.macroEnabled.12 DOTM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.wordpro​​cessingml.template DOTX
AddTypeの application/vnd.ms-powerpoint.template.macroEnabled.12 POTM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.template potx
AddTypeの application/vnd.ms-powerpoint.addin.macroEnabled.12 PPAM
AddTypeの application/vnd.ms-powerpoint.slideshow.macroEnabled.12 PPSM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.slideshow PPSX
AddTypeの application/vnd.ms-powerpoint.presentation.macroEnabled.12 pptm
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentationのPPTX
AddTypeの application/vnd.ms-powerpoint.slide.macroEnabled.12 SLDM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.slide sldx
AddTypeの application/vnd.ms-excel.addin.macroEnabled.12 xlam
AddTypeの application/vnd.ms-excel.sheet.binary.macroEnabled.12 XLSB
AddTypeの application/vnd.ms-excel.sheet.macroEnabled.12 XLSM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.sheetのXLSX
AddTypeの application/vnd.ms-excel.template.macroEnabled.12 XLTM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.template XLTX
シェア
水曜日, 1月28日, 2009 | 著者:

私はそれを報告することは非常に満足している 2 私はKDEので会計のバグを提出したのだ待望のと関連機能 バグ追跡システム Bugzillaはに追加されました KDE 4.2のKRDC. KDE 4.2 リリースされたばかりとkdemod内で利用可能になりましたし (別名 チャクラ)のリポジトリ. * nixのを愛するのWindows管理者が喜ぶKDEを愛する!

  • デフォルトのユーザ名を指定する機能: 以前に, ログインする前に, ユーザー名の入力を求められるだろう. 今プロンプトが自動的にデフォルトのユーザ名で満たされている.
  • 認識する能力 LDAP ログインとLDAPログインとしてKWalletの使用してパスワードを覚えている.
KRDC options added

新KRDCオプションが追加

非常に大きなはKRDCを維持し、開発者に感謝, ウルスウルファー.

シェア