カテゴリーの投稿 » くそが起こる «

木曜日, 9月17日, 2015 | 著者:

プライバシー, タイム, マネー

私はデビット注文を好きではない. 私は別のエンティティができるというアイデアを気に入ったことがない, 意志で, 私のお金のほとんどすべての時間を要し (よく … 利用可能な何でも). 同僚との問題を指摘 MTN 私はデビット順序を使用していた避けられたであろう. 多分 “利便性” 要因は、そのような悪いことではありません.

私はここで最後から二番目の質問は、あなたが利便性をしたいと制度を信頼できるかどうかであると仮定します (あなたのお金で、この場合の) – または、あなたがそれらを信頼し、その利便性を見送るために喜んでいることができない場合. 私の場合, 私はまだ利便性を疑問視するにもかかわらず、, 私はそれが二重に、接続された世界がに減少していることが不便であることをMTNでハードな方法を学びました “離島” ステータス. ほとんどの人は本日、利便性係数に行きます.

コンビニ

一方, 今長い時間前, 私はとの紛争を持っていました プラネットフィットネス 利便性は両刃の剣だった場所. 私は、消費者の苦情の委員会に彼らのビジネスの実践を報告しました (以来として再編成 全国消費者委員会) そして彼らからのフィードバックを得たことはありません. 問題の要点は、プラネットフィットネスの販売代理店は、私のポケットからより多くの手数料/お金を得るために、私と友人に嘘をついていることです.

私は ディスカバリーバイタリティ 多くの利点を与えるメンバー, プレミアムブランドの割引料金を含む – ほとんどもちろん健康関連, ディスカバリーは、医療援助/健康保険の提供者であるとして、. 簡単に言えば, 発見は素晴らしいです. バイタリティの利点はさらにプラネットフィットネスを含むジムのメンバーシップをカバー. あなたはまだ何かを支払わなければなりません, ある種の小さなトークン, ディスカバリーへ, ジムのメンバーシップのために. しかし, 結局, 彼らは私が健康になりたい, ので、彼らは、この法案の大部分を踏ん気にしません. しかし, 明らかに, これは、プラネットフィットネスを意味’ 販売代理店は手数料を得ることはありません!

それでは、この結果はでません? 結果は、PFの販売代理店は私のために膨らんだ姿を与えたということです “バイタリティベース” メンバーシップ. 彼は嘘をついた. 彼はその後、私は、膨張した価格のための点線で署名していました “定期的な” メンバーシップ (はい, それは実際にあっても、通常のメンバーシップは、コストを持っている場合よりも多かったです), 約終わります 4 と 5 活力ベースのメ​​ンバーシップと同じくらい倍.

ひらめき

いくつかの時間で 2011 私は最終的に私が支払うことになっていたコストを最大wisened. 発見私はこの失態についてあまりにも幸せではないでしょう確信して. 私はジムでマネージャーに話を聞いた, と私は契約全体が廃棄されるであろうことを確信しました. 私は暴力のためのものではないよ … ない限り、そのスポーツのための … オクタゴンで … しかしデビットオーダーがまだ起こっていたのかを聞いてマネージャーに私の第五訪問後, 彼は私が訪問のために私と一緒に武器を持っていなかった彼は驚いていた私に言った. さらにいくつか訪問した後、, Managerは実際に惑星フ​​ィットネスを出ていることを私に説明していました “契約” 私と本社との間で、地元のジムということでした, どうやらフランチャイズスタイルの操作, ノーと言うにはほとんどそれをキャンセルすることができたかどうかについて. 本社はノーと言った場合, 不幸.

この時点では、私はそれを失ったと思います. 私は私の銀行は入れていました 停止 デビット注文へ. それは巨大な骨の折れる仕事でした: デビット順序の説明では多少今まで変わってしまうので、私は毎月銀行に連絡しなければなりませんでした. また、私は数ヶ月おきにに少しの費用 “元に戻します” ブロッキング サービス. 私は助けるが、銀行システムがサポートして考えることはできません 正規表現 しかし、スタッフが必ずしもそれを使用する方法がわかりません.

技術的には私はまだ私に戻って取得するためにCCCに待っています (起こったことはありません – 場合は、おそらく隙間から落ちたので、前述したように、そしてもちろん、それらを再編成しました。). もちろん, そのポイントによってPFも払っていないために私をブラックリストしたいです!

予期しないヒーロー

ディスカバリーの問題のでたらめ言及 (私は歯科医の訪問についてのそれらに呼ばれると思います) ディスカバリーの薬剤のいずれかによって、コールバックをもたらしました. そして、彼らは問題を記述するために私に尋ねました, 詳細および書面で, 本当に何が起こったのか、より良い私の観点から説明すること. 私は義務を負います. それは私がされていないそれらについて正しかったが判明 “あまりにも幸せ” それについて. 実際には、彼ら 本当に それを好きではなかったです. 約3週間後, プラネットフィットネスは、これまで彼らに支払われていたすべての金銭の完全に私を返金しました.

ディスカバリーは素晴らしいです. 🙂

シェア
月曜日, 10月29日, 2012 | 著者:

それが表示されていること, 無限の知恵で, グーグル Googleアカウントにアクセスしたり、使用してからアプリケーションをブロックすることができるセキュリティ機能を持っている. 私は、これはGoogleのユーザーにとって問題になるかもしれないかを見ることができます, 特にその GTalkのGmailの ユーザー. 私の場合はそれだった ピジン との問題を抱えて 早口のおしゃべり サービス (これは、技術的にGTalkのの一部である). 私は少し後に解決策を見つけた 開削. 私は問題があった何歳で、どのくらい、この機能が存在していた驚いた!

アカウントのロックを解除し、あなたのアプリケーションをオンラインで取得するには, Googleのキャプチャページを使用 ここで.

シェア
木曜日, 11月12日, 2009 | 著者:

あなたは今まで自分が1つのアプリケーションを更新することが見つかった場合 アーチのLinux (非常に悪いアイデア, ところで) あなたはの線に沿ってエラーが表示さ終わるかもしれないreadlineの、それがアップグレードされます:
/bin/bash: error while loading shared libraries: libreadline.so.5: cannot open shared object file: No such file or directory
うまくいけば、あなたはまだbashが開いてプロンプト持っていて、それらをすべてクローズしていない. あなたはまだできるかどうか, すぐに 次のコマンドを実行します。:
pacman -S bash
bashがまだのreadlineの古いバージョンにリンクされるため、他にはそれ以上のbashを実行することはできません.

また, 将来は, 実行しないでください
pacman -Sy application
(私の場合のpython)
代わりに, 実行:
pacman -Syu
すべてのアプリケーションがアップグレードされていることを確認するであろう.

個人的に, 私はbashが、新しいbashのためのreadlineの古い特定のバージョンと同じように、必要なことを言って依存関係セットを持っていなければならないと思います, readlineの新しいバージョンを必要とする. 関係なく, むしろそれが安全遊ぶ. 😉

シェア
日曜日, April 19th, 2009 | 著者:

I think the Internet is a scary place. はい, me. Some days I find myself horrified to find the lowliest of criminal bastards trying to steal our livelihoods.

はい, people, there are criminals out there and they want your money or they want to use you to make money. What’s even more scary is the lengths to which they are willing to go, even risking YOU. Do not pass Go. Do not collect $200.

I received an email saying that I was being offered a job as aRegional Assistant” と, though the details weren’t given, the email suggested that it was a legitimate opportunity. I replied asking about where they’d received my details and also about what they would require of me.

Being the skeptic I am, I thought I could spot scammers a mile away. How fortunate that I can still laugh at the idea.

A few hours later, they replied indicating that I’d soon receive further instructions. They’d “恐らく” been referred to me by a friend and they had a pile of referrals and so couldn’t specify which friend had recommended me. I waited patiently and left it to the back of my mind. “They’ve probably found a good candidate already and I’ve lost out”, I thought. “How nice that a friend might refer me. Obviously I’m Awesome.” (and daft :-/)

So later on, I receive my email with myfurther instructions”. This is where I finally realised that I was dealing with scammers:

ハイ. We’d like to start a trial task. Our customer will make a bank transfer to you this week. Please go to our site <site omitted> to submit the banking details where the transfer will go to. Once we’ve established a good transaction history, you will receive between 2-3 transfers per week (amounts of about R10 000 each except the first trial transfers).
Please confirm that you can start. We don’t send any transfers to your account until we receive confirmation from you.
On Monday you will receive notification, detailed information and instructions regarding the transfers. Thank you and have a lovely weekend.

Say what??? I checked out the web site in question and, without a doubt, this is a money laundering scheme done by professionals. They know what they’re doing and they probably launder millions every month. What’s more is that, inevitably, they will screw you over and get the cops to arrest YOU. These criminals can leave evidence behind implicating you even if all you’ve done is diligently moved money from one place to anotherand kept a small percentage for yourself. 😛

Money laundering is where illegitimate money (stolen, 恐らく) is transferred via third parties to appear more legitimate. You’re an accessory to the crime and, even worse, you’re even likely to be the victim of it. Recognise when an opportunity is too good to be true. I was fooled for a short while. Next up, given that a victim might give out a lot of personal details, the scammers might steal your identity and start to implicate you in fraudulent activities without you ever having done a thing.

If you happen to have already given any details such as the above where they wanted my banking details, contact your bank and inform them of the situation. They will give you the best possible advice on what to do next. If you’ve already responded to the mail but haven’t yet already given them the information they want, don’t reply any further. I’d also suggest calling your local police for further advice.

シェア
月曜日, March 30th, 2009 | 著者:

Who’d have thought that something as silly as Choqok trying to automatically log into Twitter might get me temporarily locked out?

Oh well. I’m patient.

Tried to log in too many times?

We've temporarily locked your account after too many failed attempts to sign in. Please chillax for a few, then try again.

シェア