のためのタグのアーカイブ » バックアップ «

土曜日, 2月21日, 2009 | 著者:

比較的新しいドキュメントタイプ オフィス 2007 そのクライアントはダウンロード用のドキュメントを提供したいと、一部のWebホストの問題を与えている. 最も頻繁に, 文書としてウェブサーバによって提供されている “テキスト/ HTML” その後、Webユーザの画面上のごみのトンとしてレンダリングされる.

これを解決する最良の方法は、すべて追加することです MIME サーバのメイン設定するタイプの. IIS7 Windowsは、すでにこれらのMIMEタイプは、デフォルトで正しくセットアップされているため. IIS6とIIS5はMIMEタイプを追加する必要が, かもしれませんが アパッチ 古いインストールで. Apacheの, Apacheの経由でMIMEタイプを追加するには、個々のドメインの所有者のための回避策もあります .htaccessファイル ファイル.

IIS 6 MIMEタイプ添加 (サーバー管理者のための)

これを行うことができる前に, サーバーもメタベースの直接編集を許可するように設定されていることを確認:

  1. ロード IISマネージャ: スタート - > R国連, “INETMGR” -> [[OK]]
  2. 右クリック “サーバー” をクリックします “PRoperties”
  3. 中に “インターネットインフォメーションサービス” タブ (通常、タブ), ことを確認してください “それNできメタベースの直接編集” チェックボックスがチェックされている.
  4. クリック [[OK]]

に確認してください IISの設定をバックアップ (ここで IIS 5のため) あらかじめ. 私は彼のサーバーを壊す管理者は一切の責任を負いません. 私はこれを信じる理由を持っている かもしれない また、しかし、私はそれだけでエラーの多くを与えるかもしれないと信じるに同じくらいの理由があるIIS 5上で動作する. IIS 5の場合 / Windowsの 2000 管理者は、私のためにこれをテストしていく所存です バックアップ後 コンフィギュレーションは、私は結果を教えてください.

msoff07-addmime.vbsという名前のファイルに次のテキストをコピーし、それを実行 一度 次のように入力してコマンドラインから します。cscript msoff07-addmime.vbs そしてEnterキーを押す. あなたは複数回で実行すると, MIMEタイプは、毎回追加され、あなたが複数の同一のエントリを持つことになります:

'このスクリプトは、必要なオフィスが追加されます 2007 IISにMIMEタイプ 6 サーバ.
'このスクリプトを使用するには, ただダブルクリックするか、コマンドラインから実行.
複数のエントリで「このスクリプトを実行すると、複数回の結果
「IISのMimeMapだから、それを実行すべきではありませんが複数回.
「HTTPから変更://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms752346.aspx
 
いいえ MimeMapObj, MimeMapArray, MimeTypesToAddArray, は、WshShell, oExec
定数 ADS_PROPERTY_UPDATE = 2 
 
「追加するMIMEタイプを設定する
MimeTypesToAddArray = 配列(」。DOCM", 「application/vnd.ms-word.document.macroEnabled.12", _
」。のdocx", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.wordpro​​cessingml.document", _
」。DOTM", 「application/vnd.ms-word.template.macroEnabled.12", _
"。DOTX", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.wordpro​​cessingml.template", _
」。POTM", 「application/vnd.ms-powerpoint.template.macroEnabled.12", _
」。potx", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.template", _
」。PPAM", 「application/vnd.ms-powerpoint.addin.macroEnabled.12", _
」。PPSM", 「application/vnd.ms-powerpoint.slideshow.macroEnabled.12", _
」。PPSX", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.slideshow", _
」。pptm", 「application/vnd.ms-powerpoint.presentation.macroEnabled.12", _
」。PPTX", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation", _
」。SLDM", 「application/vnd.ms-powerpoint.slide.macroEnabled.12", _
」。sldx", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.slide", _
」。Xlam", 「application/vnd.ms-excel.addin.macroEnabled.12", _
」。XLSB", 「application/vnd.ms-excel.sheet.binary.macroEnabled.12", _
」。XLSM", 「application/vnd.ms-excel.sheet.macroEnabled.12", _
」。XLSX", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.sheet", _
」。XLTM", 「application/vnd.ms-excel.template.macroEnabled.12", _
」。XLTX", 「アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.template") 
 
'のMimeMapオブジェクトを取得
セット MimeMapObj = GetObjectは("事​​項://ローカルホスト/のMimeMap")
 
'拡張子/ MIMEタイプのすべてのペアに対してAddMimeTypeを呼び出し
のために カウンター = 0  UBound関数(MimeTypesToAddArray) 手順 2
    AddMimeType MimeTypesToAddArray(カウンター), MimeTypesToAddArray(カウンター+1)

 
「Shellオブジェクトを作成します。
セット は、WshShell = のCreateObject(」は、Wscript.Shell")
 
「IISサービスを停止して起動します
セット oExec = は、WshShell.EXEC(「ネット停止W3SVC")
やる 同時に oExec.ステータス = 0
    のWScript.スリープ 100
ループ
 
セット oExec = は、WshShell.EXEC(「NET STARTのW3SVC")
やる 同時に oExec.ステータス = 0
    のWScript.スリープ 100
ループ
 
セット oExec = 何も
 
ユーザへの「報告書のステータス
のWScript.エコー 「マイクロソフトのオフィス 2007 ドキュメントのMIMEタイプが登録されている。"
 
'AddMimeTypeサブ
サブ AddMimeType (EXT, MTYPE)
 
    'のMimeMapプロパティからマッピングを取得する.
    MimeMapArray = MimeMapObj.GetEx(」のMimeMap") 
 
    「新しいマッピングを追加する.= UBound関数(MimeMapArray) + 1
    ReDimステートメント MimeMapArrayを保つ()
    セット MimeMapArray() = のCreateObject(」のMimeMap")
    MimeMapArray().延長 = EXT
    MimeMapArray().MIME型 = MTYPE
    MimeMapObj.PutEx ADS_PROPERTY_UPDATE, 」のMimeMap", MimeMapArray
    MimeMapObj.SetInfoを
 
終わり サブ

ApacheのMIMEタイプの追加 (サーバー管理者のための)

Apacheは正常にあるファイルで、そのMIMEタイプを格納 $INSTALLPATH / confに/ mime.typesを. にmod_mimeを参照してください。 ドキュメンテーション それがどのように動作するかの詳細については. アーチのLinux で、そのMIMEタイプがインストールされます /など/ httpdの/ confに/ mime.typesをにParallels Plesk にインストールします /PSA /管理者/研究会/ mime.typesを/ usr / localに. お使いのディストリビューションには、別の場所でそれを持っているかもしれません, ので、あなたの見つけ のmime.types 実行してファイル mime.typesのを見つけ.

あなたのmime.typesファイルに次の行を追加します。:

application/vnd.ms-word.document.macroEnabled.12                          docm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.wordprocessingml.document   docx
application/vnd.ms-word.template.macroEnabled.12                          dotm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.wordprocessingml.template   dotx
application/vnd.ms-powerpoint.template.macroEnabled.12                    potm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.template     potx
application/vnd.ms-powerpoint.addin.macroEnabled.12                       ppam
application/vnd.ms-powerpoint.slideshow.macroEnabled.12                   ppsm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.slideshow    ppsx
application/vnd.ms-powerpoint.presentation.macroEnabled.12                pptm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation pptx
application/vnd.ms-powerpoint.slide.macroEnabled.12                       sldm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.slide        sldx
application/vnd.ms-excel.addin.macroEnabled.12                            xlam
application/vnd.ms-excel.sheet.binary.macroEnabled.12                     xlsb
application/vnd.ms-excel.sheet.macroEnabled.12                            xlsm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.sheet         xlsx
application/vnd.ms-excel.template.macroEnabled.12                         xltm
application/vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.template      xltx

ApacheのMIMEタイプの追加 (少なくとも持つドメインの所有者のための FTP アクセス – 。htaccessファイルを使って)

ドメインの次のテキストを追加します。 .htaccessファイル ファイル, 最も一般的に中 をhttpdocs / ディレクトリ

AddTypeの application/vnd.ms-word.document.macroEnabled.12 DOCM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.wordpro​​cessingml.documentのDOCX
AddTypeの application/vnd.ms-word.template.macroEnabled.12 DOTM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.wordpro​​cessingml.template DOTX
AddTypeの application/vnd.ms-powerpoint.template.macroEnabled.12 POTM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.template potx
AddTypeの application/vnd.ms-powerpoint.addin.macroEnabled.12 PPAM
AddTypeの application/vnd.ms-powerpoint.slideshow.macroEnabled.12 PPSM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.slideshow PPSX
AddTypeの application/vnd.ms-powerpoint.presentation.macroEnabled.12 pptm
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentationのPPTX
AddTypeの application/vnd.ms-powerpoint.slide.macroEnabled.12 SLDM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.slide sldx
AddTypeの application/vnd.ms-excel.addin.macroEnabled.12 xlam
AddTypeの application/vnd.ms-excel.sheet.binary.macroEnabled.12 XLSB
AddTypeの application/vnd.ms-excel.sheet.macroEnabled.12 XLSM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.sheetのXLSX
AddTypeの application/vnd.ms-excel.template.macroEnabled.12 XLTM
AddTypeの アプリケーション/ vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.template XLTX
シェア
木曜日, 1月の01st, 2009 | 著者:

明らかに, もし使用はあなたについて多くのことを言うことができるかのオペレーティングシステム. あなたは* nixののいくつかのフォームを使用している場合, これ ディストリビューション あなたにも多くのことを言うことができます使用している. 脇の冗長性, 私は、Linuxディストリビューションは、その上で絶対的に依存していることを信じている パッケージ管理と流通システム.

私はapt-getをスキ (1, 2) しかし、そこにいくつかの技術的な問題がいくつかの点であり、それは私が使用することを原因と 適性 代わりに. 適性を使用すると、わずかに簡単です – それは、単一の自動化されたに多くの機能を持っている, 論理的, apt-getは、別々のコマンドが必要なコマンド. 適性もあります 呪い-ベース GUI. その後、GUIを使用していない場合, 学ぶためのコマンド数の点で、簡潔以外, 中の一つを選ぶ技術的な理由は明らかに存在しない. 適性とサーブは、apt-get K / X / UbuntuのDebianの よく. この時点から, 私は緩く、交換可能な方法で名前のKubuntuとUbuntuを使用.

私の使用の中で CentOSの (レッドハットに基づく), 私が好きな私を見つけた YUM. これは、適性とほぼ同じでは機能しているようだ – それらをすべて支配する1コマンド. それは私がちょうどそれに慣れていないので、私はその可能性が高いように、ここに入るつもりはないいくつかのかなり迷惑なデフォルトの動作を持っている. 技術的な観点から、少なくとも, それは非常に良いです. 私は信じている フェドーラ Fedoraの私の経験は非常に限られているものの、またYUMを利用している.

理論…

FedoraとUbuntuのは、かなり厳格なリリースサイクルを持っているディストリビューションのクラスにある. Ubuntuの 8.10 (バージョンは、そのリリースの年と月のためにそのように命名されている) ないでしょう, 大きなバグや軽微な変更を除く, 次のバージョンまで、別のメジャーアップデートを持っている, 軽快なツノウサギ. Ubuntuユーザーは今、自分のデスクトップ上のほとんどのソフトウェアが最新版であるかを. 次のリリースの前の月で, 但し, 彼らが使用したいとしない限り、彼らはとても幸運であることを行っていない “ベータ” リリース. 私は、Fedoraと非常に慣れていないんだよう, 私は、そのリリースサイクルに入る気にするつもりはありません.

これらの 2 ディストリビューションは、として知られているディストリビューションのクラス内にある “バイナリ” または “バイナリベースの” ディストリビューション. つまり、あなたがアップデートをダウンロードするとき, ダウンロードされたファイルは、事前ですコンパイルされた 任意の上で実行する必要があります “サポート” ハードウェア. これは、具体的ではありません 最適化された デスクトップのハードウェアのための, 例えば, あなたの プロセッサ. おそらく、あなたが持っている AMD その余分な命令をサポートしているプロセッサ インテル CPUはありません. 逆もまた真である可能性が. このため, バイナリリリース配布は、ハードウェアの1特定のブランドのために最適化することはできません. これに関係なく “非最適化”, それがまともなペースで実行する必要があります.

練習!

約 2 年前、私が使い始めた Kubuntuの. それを扱うのは数ヶ月後に, 私は、その仕様についての詳細を学ぶために始めた. 私は、ときにシステムを更新するためのGUIツールを使用してのファンの多くはないんだけど, 最終的に, そのすべてとにか​​くコマンドラインで起こっ. GUIツールはちょうど私が見て気にしない複雑さを隠す.

私が作ることになった 殴りつける スクリプト, アップデート, これだけに適性を得るために必要なすべての手順を実行します 先に行くと、すでにアップグレード, kthx?©, おそらく私の設定をバックアップするための方法に沿って停止, 再マウント NFS 我々は、オンサイトのリポジトリを維持するネットワーク共有, aptitudeのインストールされたパッケージのローカルキャッシュをバックアップ, ネットワーク共有が再マウントができなかった場合は、ローカルコピーを使用するためにいくつかのフォルダリンクシャッフルを行う, 同期する ローカルコピーとネットワーク共有の間であれば 更新は、ネットワーク共有の問題を持っていた, とリポジトリ内のパッケージの一覧を更新. 一般に, 何らかのエラーががあった場合には、先に行くだろう, あなたが言うことができるように, このスクリプトは、乱雑になりました つまり、元の要件を超えると超えていた. それは私のためによく働いた.

日はKubuntuの間で更新するために来るまで 6.10 へ 7.04. でも、私は手動でこれをしなかった, ていないスクリプトを使用して、.

私は続いた混乱の結果としてゼロから再インストールすることになった. 少なくとも, バックアップ管理者は、証明するために十分に行う必要がありますように, それは私が本当に必要なすべてのものを回復するために簡単だった. 🙂

他に何がそこにある?

私はKubuntuのを再インストールしなければならなかった前であっても、, 私はと呼ばれる別の分布に紹介されました Gentooの. あり 2 GentooとUbuntuのの更新システムの間の非常に明確な違い. 最初は、Gentooがあるということです ソース-ベースのディストリビューション. つまり、パッケージを更新すると、, パッケージマネージャは、ソースをダウンロードし、 コンパイル すべてのもの, うまくいけば、それを最適化する あなたの システム. この, 私は思う, 非常にクールです. この方法の欠点は、すべてをコンパイルすることは非常に長い時間がかかることである.

ここに私がいる (非常に非科学的) それは、インストール·メディアからデスクトップに基本的なGUIのOSをインストールするのにかかる時間の長さの推定値, 不要なドライバを除く (例えば, 最新の3Dグラフィックスドライバ):

OS: 分 – マックス (中央値)

Windows Vistaの: 15 – 30 (20) 分

Ubuntuの: 15 – 40 (20) 分

Gentooの: 3 – 40 (6) 営業時間

Gentooはまたいじっ多くを必要とする 設定ファイル 物事を動作させるために – これは、CDを挿入して起動する間に、非常に長い遅延のもう一つの理由は、あなたの 驚くばかりの*新しいデスクトップ. 一般的なアプリケーションには、ダウンロード可能なバイナリパッケージを持っている – これはデフォルトのオプションではありませんが.

彼らは私にローランを参照してください。’

他のほとんどのディストリビューションからGentooが持つもう一つの非常に重要な違いがあります. それは “ローリング·リリース” 配布. これは、任意の厳密なバージョンが存在しないことを意味する、または “リリース” 分布はに従っていることを. 今日はGentooをインストールする場合… もしあなた 仕上げ 今日のGentooをインストールする, あなたはおそらくあなたがインストールされているすべてのアプリケーションの最新バージョンを持っているつもりです. いくつかのあいまいなアプリケーションは、明日のメジャーアップデートを取得した場合, 数日以内に, お使いのシステムを更新した場合, あなたがあなたのデスクトップに、その最新バージョンを持っているつもりです.

このローリングリリースとの違い “その他” ディストリビューションではなく、驚異的です。. 例えば: もし KDE 4.2 明日リリースされるた, あなたはおそらくより少ない待機する必要があるだろう 2 それは、Gentooで使用可能にするには数週間. Ubuntuユーザーはまで待たなければならない場合があります 9.04 – つまり、4ヶ月待ちです.

より適切なもの?

個人的に, 私は、中に入れて喜んでいないよ 40 努力の時間、私のシステムは、私がそれを望むように動作させるために. 私の同僚は、いくつかのあいまいな理由で、最近再インストールしなければならなかったし、それは彼が中に入れて喜んではなかったが判明 6 営業時間 (彼は、Gentooでより経験だ) それはどちらか動作していたかに彼のシステムを取り戻すための努力の. 代わりに, アーチのLinux 彼の目に留まった. アーチLinuxはローリングリリースです (Gentooのような), バイナリベースの (Ubuntuのような) 配布. そのパッケージ (よく, そのうちの大多数) どちら物事がうまく動作させるために、その設定ファイルをいじっあまり必要としない. その両方の長所!

あなたはこの時点に来ている場合は、まだあなたが*をやっているかを知る必要がありますが、, それはこのような巨大であってはならない 盲信. アーチのLinuxのパッケージマネージャ, と呼ばれる PAC, 組み込まれている依存関係と競合の処理. 私は別のパッケージマネージャを用いて, ヨーグルト (フランス ヨーグルト), 非常に迅速にアーチユーザーと人気となっている. Yaourtでは、AURから直接アプリケーションをダウンロードしてインストールできるようにすることで、パックマンの機能を拡張, または アーチ·ユーザー·リポジトリ. このリポジトリは、あなたがそうでないアーチ自体のコア開発者によって完全にサポートされていないだろう、多くのアプリケーションを自動的にダウンロードしてインストールできるようにするスクリプトが含まれています. これは、chrootさ、環境にパッケージをダウンロードし、コンパイルします. その後、パックマンと互換性のあるパッケージのtarballにchrootさの環境をパッケージ化し、システムにそれを展開するパックマンを使用しています.

また, AURは、人気のあるパッケージは、より正式に置か取得することにより投票システムをサポートしています [コミュニティ] 倉庫. Yaourtも、それによって自動化された議決権行使のメカニズムをサポートしています, AUR介してパッケージをインストールした後、, あなたはそれを含めるために投票するかどうかを聞かれます [コミュニティ].

私は私のアーチのインストールにかかった時間は約あったことを推定し 90 分. 私は、初心者のためのArchlinuxはお勧めしませんが、私 他のディストリビューションと退屈得ているのいずれかのLinuxユーザのためにそれをお勧めします – してインストールしなくても、核心に入るために望んでいる リナックス·フロム·スクラッチ. アーチLinuxは、これらの日はかなり人気が出てきた. その現在の数で 14 上の Distrowatchで.

* 何をやっていると知っていれば. そして、あなたは何をやっているより良いBLOODY KNOW!
シェア
火曜日, 12月09th, 2008 | 著者:

失敗に失敗する. 私は最近、ユーザーが失敗し、コマンドを実行するために助言された議論に出くわした. 結果はでした, 幸いにも, 次のように:

[ユーザーの@ユーザーのデスクトップ〜]$ CD〜/。ゴミ箱; sudoをRM-RFV *
殴りつける: CD: /ホーム/ユーザー/ .Trash: そのようなファイルやディレクトリはありませんいいえ
BASH: 南: コマンドが見つからない
[ユーザーの@ユーザーのデスクトップ〜]$

コマンド CD 〜/.ごみ C言語hanges Directory (または 現在の作業ディレクトリ) /ホーム/ユーザー/ .Trashフォルダへ. この場合, このフォルダが存在し、これは/ home /ユーザー/ PWDとして滞在しません, フォルダ場所 すべて ユーザーのファイルと設定が保存され.

コマンド RM-RFV * RMPWD内のすべてのファイルをoves. ザ “で” 部分は、それがこの除去プロセスの間に行われているかを示す詳細出力を示さなければならないことを示しています. 接頭コマンド (Substitute ある ) コマンドは、実行された ルート. こうして, 持っていた コマンドは、機能的であっ, ユーザー 彼はこれまでの彼のホームフォルダに保存されていたすべての文書を削除しただろう.

バックアップ管理者からの一言アドバイス: バックアップしばしば. 😉

シェア