のためのタグのアーカイブ » ヨーグルト «

木曜日, 11月12日, 2009 | 著者:

あなたは今まで自分が1つのアプリケーションを更新することが見つかった場合 アーチのLinux (非常に悪いアイデア, ところで) あなたはの線に沿ってエラーが表示さ終わるかもしれないreadlineの、それがアップグレードされます:
/bin/bash: error while loading shared libraries: libreadline.so.5: cannot open shared object file: No such file or directory
うまくいけば、あなたはまだbashが開いてプロンプト持っていて、それらをすべてクローズしていない. あなたはまだできるかどうか, すぐに 次のコマンドを実行します。:
pacman -S bash
bashがまだのreadlineの古いバージョンにリンクされるため、他にはそれ以上のbashを実行することはできません.

また, 将来は, 実行しないでください
pacman -Sy application
(私の場合のpython)
代わりに, 実行:
pacman -Syu
すべてのアプリケーションがアップグレードされていることを確認するであろう.

個人的に, 私はbashが、新しいbashのためのreadlineの古い特定のバージョンと同じように、必要なことを言って依存関係セットを持っていなければならないと思います, readlineの新しいバージョンを必要とする. 関係なく, むしろそれが安全遊ぶ. 😉

シェア
水曜日, April 22nd, 2009 | 著者:

アーチ Linux’s installation process is documented on the Arch wiki. I recommend that persons new to Arch try the excellent Beginner’s Guide instead of the Official Arch Linux Install Guide. Though both wiki entries cover similar ground, the Beginner’s Guide gives a lot more relevant information for those new to the system. The Beginner’s Guide is aimed at desktop installation and, as I’m installing a server, I won’t be going through the installation of the graphical environment at all. Assuming that you’re following my installation, assume that I’ve followed the Beginner’s Guide right up to and including the installation of sudo. I installed the ssh daemon afterwards rather than during the initial setup however.

A few small recommendations and notes regarding installation:

  • If you can, consider using a USB memory stick for the installer and keep it handy for future installations.
  • I keep a copy of my local “倉庫” of installed applications on my installer memory stick. Once installation is finished I save a bit of download and update time by copying this to the new server’s /var/cache/pacman/pkg/ folder. The repository on my desktop is typically 1.7GB
  • For the rc.conf, South African-appropriate regional settings are:
    LOCALE=en_ZA.utf8
    TIMEZONE=Africa/Johannesburg
  • I’ve set up the network very simply, according to the guide, and will be expanding on the network setup in a later post.
  • As it is for a server, my non-privileged user on the server is only part of 3 groups: wheel (for sudo), storage, and users. A desktop user will likely be in many more groups.

I prefer using an application called ヨーグルト instead of Arch’s default package manager. Yaourt has the exact same usage syntax as pacman except that it supports a few extra options. It is actually a wrapper application in that it, in turn, uses pacman. 重要なことには, yaourt supports installation of applications from Arch’s AUR. ザ AUR is a repository of installation scripts built by Arch users for Arch users to easily install applications that are not officially supported by the main Arch repositories. Yaourt can download and install applications from AUR or the main repositories with the same command, treating the AUR asjust another repository”. Pacman unfortunately does not support this.

再び, the installation is covered in the wiki. I recommend the easy route mentioned in the wiki if you’re new at Arch. Its too much too soon to do it the hard way (also mentioned in the wiki entry).

When done, update your system by issuing the single command:

yaourt -Syu

または

pacman -Syu

and follow the given recommendations.

シェア
火曜日, 2月17日, 2009 | 著者:

皆さんの中には、すでに私は少し前のホームサーバーを構築していることを知っているかもしれません. 私はすべてを一度にすべてのドキュメントをリリースすることを計画しましたが、私はそれが構築された方法の非常に重要な部分のいくつかを文書化. 私はアーチのLinuxを使用していたと私は、ほぼすべてを終えていなかった, 特にドキュメント. 例えば, それは、メディアサーバーになるはずだった. 一部のディスクシャッフリング後、, それが持つことになるはずだった RAID1 ブート用と RAID 10 休息のための (メディアパート).

これはまったくうまくいきませんでした.

私は効率的なを持つ限りだ (と よくファイアウォール) ルーティングゲートウェイサーバ. 私は、カスタマイズされたローカルルーティング*が正常に動作していたことを最終的に満足だったと私は私のテストでその自信があった DHCP 私は薄っぺら上でDHCPサービスを無効にする可能性があり意味 ADSL ルータはすべてを持っていると私 フラットメイト インターネットなどのサーバーの使用を開始 ゲートウェイ. 代わりに: 私はオフィスからサーバにログインしていた, 私はApache2のをインストールしたのです。**, と私は***フラットメイトがすべての帯域幅を使用していた誰が見ることができるように一緒に入れ素敵なグラフを得ることについては同僚と相談しようとしていた — 私は、ルートファイルシステムが読み取り専用で何らかのまたはその他のディスク障害に再マウントされたことを示す小さなメッセージに気づいたとき、.

そして私は、サーバーへの私の接続を失った.

そして私はファウル気分をあげました.

🙁

私は家に着いたとき, 私は、ことがわかった, 私はオフィスで与えられた説明メッセージから推測したように, インクルード (非常に) 古い80ギガバイト HERE 私はルートファイルシステムのために使っていたディスクが失敗していた. 残念ながら, サーバが再び起動することはないと私は中断したのだどこに継続して別のディスク上にすべての電源をオフに詮索好きなのほとんどチャンスがあった.

私は、交換を購入しています (SATA) ちょうど給料日後にこの次の週末をHDD – と私は私の進行状況を文書化についての私の心を変更しました… と私の構成をバックアップする:

リリース初期の. リリースしばしば.

* 南アフリカのISPが少ない充電 (簡単に価格 比較) ために “ローカルのみ” (南アフリカ以内) ADSL上のトラフィックができますが、南アフリカの外でWebサービスにアクセスすることはできませんのADSLのアカウントを使用している場合に限り. これは、まだコスト削減を活用したいがあれば、広くインターネットにアクセスすることができることを意味します, あなたは、いくつかの卑劣なルーティングを設定する必要があります.

** ワンコマンドインストール: 〜$のyaourt -S apacheの

*** SA内のインターネットアクセスは高価である – あなたはR70について課金さ ($7 / £4.9 / €5.46) GBあたりのADSLを使用する場合, または1 M​​BあたりR2についてのGPRSを使用している場合 / 3G.

シェア
木曜日, 1月の01st, 2009 | 著者:

明らかに, もし使用はあなたについて多くのことを言うことができるかのオペレーティングシステム. あなたは* nixののいくつかのフォームを使用している場合, これ ディストリビューション あなたにも多くのことを言うことができます使用している. 脇の冗長性, 私は、Linuxディストリビューションは、その上で絶対的に依存していることを信じている パッケージ管理と流通システム.

私はapt-getをスキ (1, 2) しかし、そこにいくつかの技術的な問題がいくつかの点であり、それは私が使用することを原因と 適性 代わりに. 適性を使用すると、わずかに簡単です – それは、単一の自動化されたに多くの機能を持っている, 論理的, apt-getは、別々のコマンドが必要なコマンド. 適性もあります 呪い-ベース GUI. その後、GUIを使用していない場合, 学ぶためのコマンド数の点で、簡潔以外, 中の一つを選ぶ技術的な理由は明らかに存在しない. 適性とサーブは、apt-get K / X / UbuntuのDebianの よく. この時点から, 私は緩く、交換可能な方法で名前のKubuntuとUbuntuを使用.

私の使用の中で CentOSの (レッドハットに基づく), 私が好きな私を見つけた YUM. これは、適性とほぼ同じでは機能しているようだ – それらをすべて支配する1コマンド. それは私がちょうどそれに慣れていないので、私はその可能性が高いように、ここに入るつもりはないいくつかのかなり迷惑なデフォルトの動作を持っている. 技術的な観点から、少なくとも, それは非常に良いです. 私は信じている フェドーラ Fedoraの私の経験は非常に限られているものの、またYUMを利用している.

理論…

FedoraとUbuntuのは、かなり厳格なリリースサイクルを持っているディストリビューションのクラスにある. Ubuntuの 8.10 (バージョンは、そのリリースの年と月のためにそのように命名されている) ないでしょう, 大きなバグや軽微な変更を除く, 次のバージョンまで、別のメジャーアップデートを持っている, 軽快なツノウサギ. Ubuntuユーザーは今、自分のデスクトップ上のほとんどのソフトウェアが最新版であるかを. 次のリリースの前の月で, 但し, 彼らが使用したいとしない限り、彼らはとても幸運であることを行っていない “ベータ” リリース. 私は、Fedoraと非常に慣れていないんだよう, 私は、そのリリースサイクルに入る気にするつもりはありません.

これらの 2 ディストリビューションは、として知られているディストリビューションのクラス内にある “バイナリ” または “バイナリベースの” ディストリビューション. つまり、あなたがアップデートをダウンロードするとき, ダウンロードされたファイルは、事前ですコンパイルされた 任意の上で実行する必要があります “サポート” ハードウェア. これは、具体的ではありません 最適化された デスクトップのハードウェアのための, 例えば, あなたの プロセッサ. おそらく、あなたが持っている AMD その余分な命令をサポートしているプロセッサ インテル CPUはありません. 逆もまた真である可能性が. このため, バイナリリリース配布は、ハードウェアの1特定のブランドのために最適化することはできません. これに関係なく “非最適化”, それがまともなペースで実行する必要があります.

練習!

約 2 年前、私が使い始めた Kubuntuの. それを扱うのは数ヶ月後に, 私は、その仕様についての詳細を学ぶために始めた. 私は、ときにシステムを更新するためのGUIツールを使用してのファンの多くはないんだけど, 最終的に, そのすべてとにか​​くコマンドラインで起こっ. GUIツールはちょうど私が見て気にしない複雑さを隠す.

私が作ることになった 殴りつける スクリプト, アップデート, これだけに適性を得るために必要なすべての手順を実行します 先に行くと、すでにアップグレード, kthx?©, おそらく私の設定をバックアップするための方法に沿って停止, 再マウント NFS 我々は、オンサイトのリポジトリを維持するネットワーク共有, aptitudeのインストールされたパッケージのローカルキャッシュをバックアップ, ネットワーク共有が再マウントができなかった場合は、ローカルコピーを使用するためにいくつかのフォルダリンクシャッフルを行う, 同期する ローカルコピーとネットワーク共有の間であれば 更新は、ネットワーク共有の問題を持っていた, とリポジトリ内のパッケージの一覧を更新. 一般に, 何らかのエラーががあった場合には、先に行くだろう, あなたが言うことができるように, このスクリプトは、乱雑になりました つまり、元の要件を超えると超えていた. それは私のためによく働いた.

日はKubuntuの間で更新するために来るまで 6.10 へ 7.04. でも、私は手動でこれをしなかった, ていないスクリプトを使用して、.

私は続いた混乱の結果としてゼロから再インストールすることになった. 少なくとも, バックアップ管理者は、証明するために十分に行う必要がありますように, それは私が本当に必要なすべてのものを回復するために簡単だった. 🙂

他に何がそこにある?

私はKubuntuのを再インストールしなければならなかった前であっても、, 私はと呼ばれる別の分布に紹介されました Gentooの. あり 2 GentooとUbuntuのの更新システムの間の非常に明確な違い. 最初は、Gentooがあるということです ソース-ベースのディストリビューション. つまり、パッケージを更新すると、, パッケージマネージャは、ソースをダウンロードし、 コンパイル すべてのもの, うまくいけば、それを最適化する あなたの システム. この, 私は思う, 非常にクールです. この方法の欠点は、すべてをコンパイルすることは非常に長い時間がかかることである.

ここに私がいる (非常に非科学的) それは、インストール·メディアからデスクトップに基本的なGUIのOSをインストールするのにかかる時間の長さの推定値, 不要なドライバを除く (例えば, 最新の3Dグラフィックスドライバ):

OS: 分 – マックス (中央値)

Windows Vistaの: 15 – 30 (20) 分

Ubuntuの: 15 – 40 (20) 分

Gentooの: 3 – 40 (6) 営業時間

Gentooはまたいじっ多くを必要とする 設定ファイル 物事を動作させるために – これは、CDを挿入して起動する間に、非常に長い遅延のもう一つの理由は、あなたの 驚くばかりの*新しいデスクトップ. 一般的なアプリケーションには、ダウンロード可能なバイナリパッケージを持っている – これはデフォルトのオプションではありませんが.

彼らは私にローランを参照してください。’

他のほとんどのディストリビューションからGentooが持つもう一つの非常に重要な違いがあります. それは “ローリング·リリース” 配布. これは、任意の厳密なバージョンが存在しないことを意味する、または “リリース” 分布はに従っていることを. 今日はGentooをインストールする場合… もしあなた 仕上げ 今日のGentooをインストールする, あなたはおそらくあなたがインストールされているすべてのアプリケーションの最新バージョンを持っているつもりです. いくつかのあいまいなアプリケーションは、明日のメジャーアップデートを取得した場合, 数日以内に, お使いのシステムを更新した場合, あなたがあなたのデスクトップに、その最新バージョンを持っているつもりです.

このローリングリリースとの違い “その他” ディストリビューションではなく、驚異的です。. 例えば: もし KDE 4.2 明日リリースされるた, あなたはおそらくより少ない待機する必要があるだろう 2 それは、Gentooで使用可能にするには数週間. Ubuntuユーザーはまで待たなければならない場合があります 9.04 – つまり、4ヶ月待ちです.

より適切なもの?

個人的に, 私は、中に入れて喜んでいないよ 40 努力の時間、私のシステムは、私がそれを望むように動作させるために. 私の同僚は、いくつかのあいまいな理由で、最近再インストールしなければならなかったし、それは彼が中に入れて喜んではなかったが判明 6 営業時間 (彼は、Gentooでより経験だ) それはどちらか動作していたかに彼のシステムを取り戻すための努力の. 代わりに, アーチのLinux 彼の目に留まった. アーチLinuxはローリングリリースです (Gentooのような), バイナリベースの (Ubuntuのような) 配布. そのパッケージ (よく, そのうちの大多数) どちら物事がうまく動作させるために、その設定ファイルをいじっあまり必要としない. その両方の長所!

あなたはこの時点に来ている場合は、まだあなたが*をやっているかを知る必要がありますが、, それはこのような巨大であってはならない 盲信. アーチのLinuxのパッケージマネージャ, と呼ばれる PAC, 組み込まれている依存関係と競合の処理. 私は別のパッケージマネージャを用いて, ヨーグルト (フランス ヨーグルト), 非常に迅速にアーチユーザーと人気となっている. Yaourtでは、AURから直接アプリケーションをダウンロードしてインストールできるようにすることで、パックマンの機能を拡張, または アーチ·ユーザー·リポジトリ. このリポジトリは、あなたがそうでないアーチ自体のコア開発者によって完全にサポートされていないだろう、多くのアプリケーションを自動的にダウンロードしてインストールできるようにするスクリプトが含まれています. これは、chrootさ、環境にパッケージをダウンロードし、コンパイルします. その後、パックマンと互換性のあるパッケージのtarballにchrootさの環境をパッケージ化し、システムにそれを展開するパックマンを使用しています.

また, AURは、人気のあるパッケージは、より正式に置か取得することにより投票システムをサポートしています [コミュニティ] 倉庫. Yaourtも、それによって自動化された議決権行使のメカニズムをサポートしています, AUR介してパッケージをインストールした後、, あなたはそれを含めるために投票するかどうかを聞かれます [コミュニティ].

私は私のアーチのインストールにかかった時間は約あったことを推定し 90 分. 私は、初心者のためのArchlinuxはお勧めしませんが、私 他のディストリビューションと退屈得ているのいずれかのLinuxユーザのためにそれをお勧めします – してインストールしなくても、核心に入るために望んでいる リナックス·フロム·スクラッチ. アーチLinuxは、これらの日はかなり人気が出てきた. その現在の数で 14 上の Distrowatchで.

* 何をやっていると知っていれば. そして、あなたは何をやっているより良いBLOODY KNOW!
シェア