のためのタグのアーカイブ » リナックス «

日曜日, 8月の04th, 2013 | 著者:

私は、停電が私のサーバーの大規模に影響を与えていた モルドバ RAID 配列. のではなく、それが完了するのを待っている間に、全体としてのサーバがダウンしてみましょう fsckは, 私は、手動でfsckを実行できるよう、私はそれが大規模な配列なしで起動していた.

しかしながら, それを手動で実行しているとき、私は、私はそれがあったどこまで知る方法がなかった実現し、それが完了するまでにかかる時間. これは、このような大規模な配列で特に問題となる. ちょっと検索して、私は先端を見つけた fsckを呼び出すときに-Cパラメータを追加する. しかし私は、ドキュメントでこれを見つけることができませんでした: fsckは –ヘルプには、そのような選択肢を示さなかった.

オプションでは、ext4の固有であることが判明, したがって、パーセンテージインジケータと完全に機能的なプログレスバーが表示さ. 情報を検索するには, 代わりに “fsckは –助け” または “男のfsck”, あなたが入力しなければならない “fsck.ext4 –助け” または “男fsck.ext4”. 🙂

シェア
日曜日, 8月の04th, 2013 | 著者:

歴史

私が最後に述べたので、あまり変わっていた私の パーソナル·サーバ – それが飛躍的に成長してきました (それは今7TBを持って モルドバ RAID6) それが最近で再構築されていた Ubuntuの サーバ.

アーチ 間違いはなかった. アーチLinuxはすでにLinuxについてはあまり教えてくれた (私の他のデスクトップ上でそうしていきます). しかし、アーチは間違いなく私は、サーバーに費やすしたいよりも、多くの時間と注意が必要です. リマインダーメールが言うまで、理想的には、私はしばらくの間、サーバーのことを忘れることができることを好むだろう “うーん … あなたが見ているは​​ずのカップルアップデートはあり, バディ。”

スペースは無料ではありません – そしてどちらもスペースです

Ubuntuのに移行する機会は私は使い果たしていたという事実だった SATA ポート, コンピュータの残りの部分にハードドライブを接続するために必要なポート – 7TB RAIDアレイは、ポートを多く使用していること! 私も離れて与えていた私の 非常に それは、これらのポートのいずれかを取り上げたように、古い200ギガバイトのハードディスク. 私はまた、受信者に警告しているディスクの SMART モニタリングは、それが信頼できないことを示した. SATAポートが不足している一時的な回避策として, 私もMDに4つのUSBスティックのセットに、サーバーのOSを移行していた RAID1. クレイジー. 私は知っている. 私はスピードについてあまりにも幸せではなかった. 私が出て行って、新しい信頼性の高いハードドライブとそれに行くためにSATA拡張カードを買うことにした.

サーバのプライマリアーチパーティションはディスクの7ギガバイト程度使用していた. の大きな塊だった スワップ ファイル, キャッシュされたデータ そうでなければ雑または不要なファイル. OSの全体の実際のサイズ, 含む /ホーム フォルダ, 約2GBのみであった. これは私が超高速に検索するように求め SSD 運転, おそらく小さい方を考えることは非常に高価ではないかもしれません. それは私が実際に見つけることができる最も安価な非SSDドライブがかかることが判明 もっと これらの比較的小さなSSDの1より. 私にとってイェーイ. 🙂

選択? すごい迫力?!

OSを選ぶ際に, 私はすでにそれがアーチではないことを決めたと思います. 他のすべての人気のあるディストリビューションのうち、, 私はUbuntuの最も精通だと CentOSの. フェドーラ 可能性もあった – しかし、私は真剣にまだサーバのためにそれを考えられていなかった. Ubuntuのは、ラウンドを獲得.

私がしなければならなかった次の決定は私になる​​まで発生しませんでした 遍在 (Ubuntuのインストールウィザード) 私のことを尋ねた: 設定方法 パーティション.

私は、LinuxでSSDを使用することに新しかった – 私はそれらを正しく使用していないの落とし穴よく承知している, 主に貧しい長生きのリスクに起因し、取り扱いを誤ると.

私専用のスワップパーティションを使用する必要はありませんでした. 私は将来的には、それほど遠くないサーバーのマザーボード/ CPU /メモリのアップグレードを計画している. それに基づいて私は、既存のmdのRAID上のスワップファイルにスワップを置くことを決めた. スワップは、特に高速ではありませんが、何かが間違っているときに、その唯一の目的は、その稀な機会のためになり、メモリが利用できない.

そして、これは与えるために私を残し ルートパス のうち、完全な60ギガバイト インテル 330 SSD. 私は/ homeを分離すると考えられますが、それだけでは少し無意味に見えた, ほとんどが過去に使用した方法を与えられた. 私は最初にパーティションを設定 LVM – 私はLinuxマシンをセットアップするたびに私が最近行ってきた何か (本当に, LVMを使用しない言い訳はありません). それは私がファイルシステムを構成するであろう部分に着いたとき, 私は、ドロップダウンをクリックし、本能的にext4を選択. それから私は、同じリスト内のbtrfsに気づいた. にハングアップする!!

しかし、どのような?

その他のbtrfs (“バター-EFF-ESS”, “優れ-EFF-ESS”, “蜂木EFF-ESS”, あなたは一日に空想またはものは何でも) Linuxをもたらすために開発された比較的新しいファイルシステムです’ 現在のファイルシステム技術を使用してバックトラック上のファイルシステムの機能. 既存のキング·オブ·ザ·ヒルファイルシステム, “EXT” (ext4は呼ばれ、現在のバージョン) かなり良いです – しかし、それは限られている, 古いパラダイムで立ち往生 (新ブランドを考える F22ラプター 対. 不定冠詞 F4ファントム 相当のアップグレードにおける半jested試みた) などなどの新しいエンタープライズファイルシステムと非常に長いために競争することができることはほとんどありません オラクルのZFS. Btrfsはまだ長い道のりがあり、まだ実験的なものと考えて (あなたが尋ねると何の必要とする機能を誰に応じて). 多くは、それが基本的な使用のために安定するように検討する – しかし誰もいかなる​​保証をするつもりはありません. と, もちろん, みんながバックアップを作成してテストすると言っている!

Mooooooo

extおよびその他のbtrfsの間の最も基本的な違いは、その他のbtrfsであるということです “牛” または “コピーオンライト” ファイルシステム. これは、データが実際にファイルシステムの内部で意図的に上書きされることはないことを意味します. あなたがファイルに変更を書き込む場合, その他のbtrfsは、物理メディア上の新しい場所に変更を書き込みますし、新しい場所を参照するために内部ポインタを更新します. Btrfsはそれで歩踏み込んそれらの内部ポインタ (メタデータと呼ばれる) アール また 牛. extの古いバージョンでは単に上書きされたデータを持っているでしょう. ext4はACプラグが最も都合の悪い瞬間にヤンクされるべきで破損が発生しないことを保証するためにジャーナルを使用します. データを更新するために必要な手順と同様の数のジャーナル結果. SSDと, 基盤となるハードウェアは、同じような牛のプロセスを使用しているどのようなファイルシステムに関係なく動作します. SSDドライブは、実際にデータを上書きすることができないためです – 彼らはデータをコピーする必要が (あなたの変化に) 新しい場所にして、完全に古いブロックを消去. この領域の最適化は、SSDも古いブロックを消去するのではなく、単純に物事は忙しくありません、後でブロックを消去するためのメモをしないかもしれないということです. 最終結果は、SSDドライブは牛のシステムと非常によく合うと非COWファイルシステムと同様に実行しないということです.

事態を面白くする, ファイルシステム内の牛は簡単に重複排除機能と呼ばれる機能と手をつないで行く. これにより、2 (以上) データの同一のブロックが1つのコピーのみを使用して格納される, 省スペース. 牛と, 重複除外されたファイルが変更された場合, 修正されたファイルのデータは、異なる物理ブロックに書き込まれていますように独立したツインには影響がありません.

今度は牛になります スナップショット 実装が比較的簡単. スナップショットが作成されると、システムは、単にボリューム内のすべてのデータおよびメタデータの重複があると、新しいスナップショットを記録します. 牛と, 変更が行われたとき, スナップショットのデータは無傷のままで, およびスナップショットを作成した時点のファイルシステムの状態の一貫したビューを維持することができる.

新しい友人

念頭に置いて、上記と, Ubuntuはインストール時のオプションとしてその他のbtrfsを用意しました、特にとして, 私はそれがその他のbtrfsに飛び込むと少しを探検するのによい機会だと考えました. 🙂

パート 2 すぐに来る …

シェア
金曜日, 9月11日, 2009 | 著者:

USBの地に平和を

*ニックス オペレーティング·システム, に複数のパーティションを持つ USBドライブ ロケット科学ではありません, それだけで動作します. 私の場合, 最初のパーティションが起動可能であるので、私のUSBドライブが2つのパーティションを持つ アーチのLinux インストール.

私が持っている Windowsの 自宅でデスクトップ上 – 主にゲーム用 – そして私の同僚の多くは、あまりにもそれを使用. WindowsがWindows以外のパーティションで非常にうまくやっていないので、私は私が作成することができます考え出した FAT32 ブート可能なアーチLinuxパーティション後のメモリスティック上のパーティション. FAT32はほぼユビキタスであり、世界のすべての一般的なデスクトップ·オペレーティング·システム上で使用可能である.

Bleh

残念ながらそれはストレートバットからは動作しません. 明らかに, マイクロソフト その無限の知恵でメモリスティックが1を持っていることになっていると判断し (唯一1) パーティション. 実際にはWindowsが最初のパーティションを検索してから設定することが起こる他のものを無視します:

Please Format

誤る, いいえ, 私はあなたが私のアーチLinuxのインストールパーティションをフォーマットする必要はありません

それが動作して得るためにトリックは、デバイスを考えることには、Windowsをばかにされている しない おそらく、通常のUSBメモリスティックが、 ソリッドステートハードディスク USB経由で接続することがたまたま. はい私は知っている, これは、Windowsがこのように動作することを真剣に愚かである. ソリッドステートハードディスクだけでなんと大きいです (と高速) 結局メモリースティック!

私はまだ自分でいくつかのことを理解しなければならなかったが、私はこれを行う方法には、いくつかの情報源を見つけた. 特に, 私が見つけたガイドが、いくつかのステップをスキップするか、ドライバパッケージをダウンロードする場所について十分な情報を提供しなかったのどちらか.

この手順は、手動でハードウェアのドライバを変更し、インストールが含ま “非署名した” ドライバー “ご使用のハードウェアのために意図されていない”. 私は誰かが自分のシステムを破壊し、私を責めために起こっている知っているので、私はあなたがこの結果として、Windowsシステムにするかもしれないいかなる損害についても責任を負いませんことを今言う. もう一度それを読んで. 😛

説明書

remove the highlighted text

拡大版のためにクリック

ドライバをダウンロードし、解凍します, 元々日立によって作成された, ここで. メモ帳でcfadisk.infファイルを開きます (またはお好みの平文のエディタ), とラベルされたセクションを見つける [cfadisk_device]. セクションを削除するには、右上で強調表示:

最小化する (閉じないでください) エディタと、デスクトップのアイコンに移動します – マイコンピュータを右クリックして、Pを選択Roperties. [ハードウェア]タブを選択し、[選択] [Deviceマネージャ]:

System Properties

下のデバイスを見つける “ディスクドライブ”, あなたのメモリスティックを右クリックし、[P]を選択Roperties:

Device Manager

[詳細]タブをクリックし、そのページ上のドロップダウンボックスで, 選択する “ハードウェアID”. ハードウェアIDのリスト内の最初の行をクリックし、名前をコピーするには、Ctrl Cキーを押してください:

USB Hardware Ids

このダイアログを閉じないでください, メモ帳に戻る (その最小化された) および以前のコンテンツが除去された場合に、ハードウェアIDを貼り付け.

Changes pasted into notepad

メモ帳でファイルを保存して、デバイスのプロパティダイアログウィンドウに戻り. クリック “ドライバ” タブをクリックします [Uまず最初にすべきドライバー…] ボタン. ポップアップするウィンドウ内の, 選択する “しない, 以下この T名前”; [NEXT] -> “リストまたはAからインストールする Specific場所 (高度な)”; [NEXT] -> “Don't検索. 私は、インストールするドライバを選択します。”; [NEXT] -> [HAVEディスク…].

Unsigned Drivers - Click Continue Anyway

変更したcfadisk.infファイルを保存したフォルダを参照. クリック [[OK]]. あなたが見つかります

記載されている日立マイクロドライブのドライバがあります. これを選択し、をクリックします [NEXT]. ときに警告

表示, クリック [Yこれは]. 別の警告は、同様の問題に関するポップアップ表示されます (これらは “署名されていない” と “ご使用のハードウェアのために意図されていない” 私は前述の警告). クリック [C言語とにかくontinue]:

この時点で私はセットアップに関連するすべてのダイアログボックスを閉じることをお勧めします. 最終的に, 削除して再挿入あなたのUSBポートにUSBメモリを、あなたはスティック上の余分のパーティションがアクセス可能であることを見つける必要があります. 最悪の場合, あなたはまだしなければならない場合があります ディスクをパーティションに分割 しかし難しい部分は終わった. 🙂

シェア
水曜日, April 22nd, 2009 | 著者:

アーチ Linux’s installation process is documented on the Arch wiki. I recommend that persons new to Arch try the excellent Beginner’s Guide instead of the Official Arch Linux Install Guide. Though both wiki entries cover similar ground, the Beginner’s Guide gives a lot more relevant information for those new to the system. The Beginner’s Guide is aimed at desktop installation and, as I’m installing a server, I won’t be going through the installation of the graphical environment at all. Assuming that you’re following my installation, assume that I’ve followed the Beginner’s Guide right up to and including the installation of sudo. I installed the ssh daemon afterwards rather than during the initial setup however.

A few small recommendations and notes regarding installation:

  • If you can, consider using a USB memory stick for the installer and keep it handy for future installations.
  • I keep a copy of my local “倉庫” of installed applications on my installer memory stick. Once installation is finished I save a bit of download and update time by copying this to the new server’s /var/cache/pacman/pkg/ folder. The repository on my desktop is typically 1.7GB
  • For the rc.conf, South African-appropriate regional settings are:
    LOCALE=en_ZA.utf8
    TIMEZONE=Africa/Johannesburg
  • I’ve set up the network very simply, according to the guide, and will be expanding on the network setup in a later post.
  • As it is for a server, my non-privileged user on the server is only part of 3 groups: wheel (for sudo), storage, and users. A desktop user will likely be in many more groups.

I prefer using an application called ヨーグルト instead of Arch’s default package manager. Yaourt has the exact same usage syntax as pacman except that it supports a few extra options. It is actually a wrapper application in that it, in turn, uses pacman. 重要なことには, yaourt supports installation of applications from Arch’s AUR. ザ AUR is a repository of installation scripts built by Arch users for Arch users to easily install applications that are not officially supported by the main Arch repositories. Yaourt can download and install applications from AUR or the main repositories with the same command, treating the AUR asjust another repository”. Pacman unfortunately does not support this.

再び, the installation is covered in the wiki. I recommend the easy route mentioned in the wiki if you’re new at Arch. Its too much too soon to do it the hard way (also mentioned in the wiki entry).

When done, update your system by issuing the single command:

yaourt -Syu

または

pacman -Syu

and follow the given recommendations.

シェア
土曜日, 月28日, 2009 | 著者:

あなたはUnixが利用できる持っている小型でパワフルなコマンドを組み合わせることにより行うことができますどのくらいのその驚くべき.

この小さな-使用されるコマンド, 時間, 最終的には、特定の自動化された操作が実行されている時間の長さを報告するための方法として、今日に便利になりました. 私の例では、, 私はそれがLinuxを構築するためにかかる時間タイミングよ カーネル:

$ 時間の再構築、kernel26
...
カップル千のライン・オブ・スクロールテキスト
...
==> 終わっ: kernel26 2.6.28.8-1 x86_64版 (土マーチ 28 17:19:52 SAST 2009)
real    62m21.994s
user    43m31.846s
sys     6m1.096s

うん, それは、構築に時間余りかかりました. 値は、:

  • “リアル” コマンドの実行中に実際の時間が経過しました – 62 分
  • “ユーザー” 量 ユーザーランド 時間コマンドが使用 – 43 分
  • “SYS” コマンドが使用されるシステム時刻の量 – 6 分

(I was busy doing other things while this was happening which is why it took 62 minutes for the desktop to do (43+6=) 49 minutes-worth of work)

If you’re using the GNU バージョン (most likely), it also gives you the option of displaying the results in a custom fashion. Mostly, this command could be useful in scripts where you need to report how long a task tookor maybe? just a geeky way to time something random. 😛

シェア