のためのタグのアーカイブ » 犯罪 «

日曜日, April 19th, 2009 | 著者:

I think the Internet is a scary place. はい, me. Some days I find myself horrified to find the lowliest of criminal bastards trying to steal our livelihoods.

はい, people, there are criminals out there and they want your money or they want to use you to make money. What’s even more scary is the lengths to which they are willing to go, even risking YOU. Do not pass Go. Do not collect $200.

I received an email saying that I was being offered a job as aRegional Assistant” と, though the details weren’t given, the email suggested that it was a legitimate opportunity. I replied asking about where they’d received my details and also about what they would require of me.

Being the skeptic I am, I thought I could spot scammers a mile away. How fortunate that I can still laugh at the idea.

A few hours later, they replied indicating that I’d soon receive further instructions. They’d “恐らく” been referred to me by a friend and they had a pile of referrals and so couldn’t specify which friend had recommended me. I waited patiently and left it to the back of my mind. “They’ve probably found a good candidate already and I’ve lost out”, I thought. “How nice that a friend might refer me. Obviously I’m Awesome.” (and daft :-/)

So later on, I receive my email with myfurther instructions”. This is where I finally realised that I was dealing with scammers:

ハイ. We’d like to start a trial task. Our customer will make a bank transfer to you this week. Please go to our site <site omitted> to submit the banking details where the transfer will go to. Once we’ve established a good transaction history, you will receive between 2-3 transfers per week (amounts of about R10 000 each except the first trial transfers).
Please confirm that you can start. We don’t send any transfers to your account until we receive confirmation from you.
On Monday you will receive notification, detailed information and instructions regarding the transfers. Thank you and have a lovely weekend.

Say what??? I checked out the web site in question and, without a doubt, this is a money laundering scheme done by professionals. They know what they’re doing and they probably launder millions every month. What’s more is that, inevitably, they will screw you over and get the cops to arrest YOU. These criminals can leave evidence behind implicating you even if all you’ve done is diligently moved money from one place to anotherand kept a small percentage for yourself. 😛

Money laundering is where illegitimate money (stolen, 恐らく) is transferred via third parties to appear more legitimate. You’re an accessory to the crime and, even worse, you’re even likely to be the victim of it. Recognise when an opportunity is too good to be true. I was fooled for a short while. Next up, given that a victim might give out a lot of personal details, the scammers might steal your identity and start to implicate you in fraudulent activities without you ever having done a thing.

If you happen to have already given any details such as the above where they wanted my banking details, contact your bank and inform them of the situation. They will give you the best possible advice on what to do next. If you’ve already responded to the mail but haven’t yet already given them the information they want, don’t reply any further. I’d also suggest calling your local police for further advice.

シェア
水曜日, 12月31日, 2008 | 著者:

南アフリカで非常に重要なトピックでは、と関係している 火器 と私たちの個人的に私たちの権利 セキュリティー. 誤解しないでください: 私は誰もが負担する権利を持つべきであると信じていないよ バズーカ, M82, または AK-47自動小銃 * – あなたがする必要はありませれない限り 軍隊から身を守る **.

しかしながら, 私は自己防衛を目的として、ある種の武器を所有する権利を持っていると信じています. 私は私が今までしかし銃器を購入したい疑う, いなくても 小さなピストル, しかし、私は考えることを好むだろうと 必要性が生じた場合, 私はまだ権利を持っている.

あり 2 反対側のチーム. プロ銃のチームと抗ガンのチームがあります (プロコントロール). 私はかつてそれは大丈夫だろうと思った, 言う, 我々はわずかな火器が許可されている場所に取り掛かるまで、すべての戦いに勝つためにプロ管理チーム, 非常に厳しい状況で、またはおそらく大きな銃器. 最近, 私の考えではシフトしている. プロ管理チームは、その時点までのすべての法廷闘争に勝利した場合, 彼らは同様に、次の戦いに勝てないと言うと、完全に銃器を禁止するものだ?

私は私が所有する権利を持つべきであると考えているというだけの理由プロ銃チームによ, ことによると, その小さなピストル – のように愚かである私はだろうから 恐らく 権利を行使することはありません. そのほとんど間違いはない無意味しかし. 再び, 私はむしろ権利を持っているし、それを必要としないだろう.

この非常に低いシナリオを描く: あなたは小さなピストルを所有する権利を保護したい; 個人バズーカとガトリング砲は有効です; 法律はバズーカとガトリング砲を違法作り始めるところにある. あなたはプロピストルしていると仮定, あなたは脇に立って、相手チームを聞かせてください (プロコントロール) その法廷闘争に勝つ? 考えるために、その重要な道徳的ジレンマ – そして、あなたはおそらく、あなたの他の政治的信念のすべてに適用されるべき1.

ここでは、思考のためのいくつかの食品です:

  • 南アフリカは、最も高いを持っている (または番目に高い, あなたが尋ねる人に応じて、) 世界でも犯罪率.
  • 98% 南アフリカの銃関連の犯罪の違法の使用を含む (無免許の) 火器 (すなわち, 銃規制法は適切に銃関連の犯罪を抑制しないでください).
  • 降り続く以前にライセンスの銃器の再ライセンスを必要とする銃器の法律では比較的最近の変化に, CFR (中央銃器登録) 任務されています, の期間 2006 へ 2009, これまでに、以前に個々の年で処理よりも、許可申請は毎年の4倍以上の数を処理する.
  • それは今の間に取り 12 と 24 銃器ライセンスを取得するために数ヶ月.

正直に言うと, 私はこの1で2心のまだだ. 私は非常に私たちの国の銃器を担当するに賛成だ – しかし、私は確かにプロの対照群がこれ以上したくない “進捗”.

多分世界は事を学ぶことができましたか 2 から スイス. 彼らの市民は、19世紀から完全武装してきた – 彼らはまた、外に宿泊している唯一の国だ 世界大戦の両方.

* 自身の銃器を行う人のために, 私 心から あなたが約妄想じゃない願っています 危険. 私はあなたの銃器の自身の金庫から安全な別々に格納されている弾薬を持っている願っています, その内の全員 世帯 理解し、 実際にどのように危険な銃器です.

** 可能性が低い.

シェア