のためのタグのアーカイブ » USB «

金曜日, 9月11日, 2009 | 著者:

USBの地に平和を

*ニックス オペレーティング·システム, に複数のパーティションを持つ USBドライブ ロケット科学ではありません, それだけで動作します. 私の場合, 最初のパーティションが起動可能であるので、私のUSBドライブが2つのパーティションを持つ アーチのLinux インストール.

私が持っている Windowsの 自宅でデスクトップ上 – 主にゲーム用 – そして私の同僚の多くは、あまりにもそれを使用. WindowsがWindows以外のパーティションで非常にうまくやっていないので、私は私が作成することができます考え出した FAT32 ブート可能なアーチLinuxパーティション後のメモリスティック上のパーティション. FAT32はほぼユビキタスであり、世界のすべての一般的なデスクトップ·オペレーティング·システム上で使用可能である.

Bleh

残念ながらそれはストレートバットからは動作しません. 明らかに, マイクロソフト その無限の知恵でメモリスティックが1を持っていることになっていると判断し (唯一1) パーティション. 実際にはWindowsが最初のパーティションを検索してから設定することが起こる他のものを無視します:

Please Format

誤る, いいえ, 私はあなたが私のアーチLinuxのインストールパーティションをフォーマットする必要はありません

それが動作して得るためにトリックは、デバイスを考えることには、Windowsをばかにされている しない おそらく、通常のUSBメモリスティックが、 ソリッドステートハードディスク USB経由で接続することがたまたま. はい私は知っている, これは、Windowsがこのように動作することを真剣に愚かである. ソリッドステートハードディスクだけでなんと大きいです (と高速) 結局メモリースティック!

私はまだ自分でいくつかのことを理解しなければならなかったが、私はこれを行う方法には、いくつかの情報源を見つけた. 特に, 私が見つけたガイドが、いくつかのステップをスキップするか、ドライバパッケージをダウンロードする場所について十分な情報を提供しなかったのどちらか.

この手順は、手動でハードウェアのドライバを変更し、インストールが含ま “非署名した” ドライバー “ご使用のハードウェアのために意図されていない”. 私は誰かが自分のシステムを破壊し、私を責めために起こっている知っているので、私はあなたがこの結果として、Windowsシステムにするかもしれないいかなる損害についても責任を負いませんことを今言う. もう一度それを読んで. 😛

説明書

remove the highlighted text

拡大版のためにクリック

ドライバをダウンロードし、解凍します, 元々日立によって作成された, ここで. メモ帳でcfadisk.infファイルを開きます (またはお好みの平文のエディタ), とラベルされたセクションを見つける [cfadisk_device]. セクションを削除するには、右上で強調表示:

最小化する (閉じないでください) エディタと、デスクトップのアイコンに移動します – マイコンピュータを右クリックして、Pを選択Roperties. [ハードウェア]タブを選択し、[選択] [Deviceマネージャ]:

System Properties

下のデバイスを見つける “ディスクドライブ”, あなたのメモリスティックを右クリックし、[P]を選択Roperties:

Device Manager

[詳細]タブをクリックし、そのページ上のドロップダウンボックスで, 選択する “ハードウェアID”. ハードウェアIDのリスト内の最初の行をクリックし、名前をコピーするには、Ctrl Cキーを押してください:

USB Hardware Ids

このダイアログを閉じないでください, メモ帳に戻る (その最小化された) および以前のコンテンツが除去された場合に、ハードウェアIDを貼り付け.

Changes pasted into notepad

メモ帳でファイルを保存して、デバイスのプロパティダイアログウィンドウに戻り. クリック “ドライバ” タブをクリックします [Uまず最初にすべきドライバー…] ボタン. ポップアップするウィンドウ内の, 選択する “しない, 以下この T名前”; [NEXT] -> “リストまたはAからインストールする Specific場所 (高度な)”; [NEXT] -> “Don't検索. 私は、インストールするドライバを選択します。”; [NEXT] -> [HAVEディスク…].

Unsigned Drivers - Click Continue Anyway

変更したcfadisk.infファイルを保存したフォルダを参照. クリック [[OK]]. あなたが見つかります

記載されている日立マイクロドライブのドライバがあります. これを選択し、をクリックします [NEXT]. ときに警告

表示, クリック [Yこれは]. 別の警告は、同様の問題に関するポップアップ表示されます (これらは “署名されていない” と “ご使用のハードウェアのために意図されていない” 私は前述の警告). クリック [C言語とにかくontinue]:

この時点で私はセットアップに関連するすべてのダイアログボックスを閉じることをお勧めします. 最終的に, 削除して再挿入あなたのUSBポートにUSBメモリを、あなたはスティック上の余分のパーティションがアクセス可能であることを見つける必要があります. 最悪の場合, あなたはまだしなければならない場合があります ディスクをパーティションに分割 しかし難しい部分は終わった. 🙂

シェア
水曜日, April 22nd, 2009 | 著者:

アーチ Linux’s installation process is documented on the Arch wiki. I recommend that persons new to Arch try the excellent Beginner’s Guide instead of the Official Arch Linux Install Guide. Though both wiki entries cover similar ground, the Beginner’s Guide gives a lot more relevant information for those new to the system. The Beginner’s Guide is aimed at desktop installation and, as I’m installing a server, I won’t be going through the installation of the graphical environment at all. Assuming that you’re following my installation, assume that I’ve followed the Beginner’s Guide right up to and including the installation of sudo. I installed the ssh daemon afterwards rather than during the initial setup however.

A few small recommendations and notes regarding installation:

  • If you can, consider using a USB memory stick for the installer and keep it handy for future installations.
  • I keep a copy of my local “倉庫” of installed applications on my installer memory stick. Once installation is finished I save a bit of download and update time by copying this to the new server’s /var/cache/pacman/pkg/ folder. The repository on my desktop is typically 1.7GB
  • For the rc.conf, South African-appropriate regional settings are:
    LOCALE=en_ZA.utf8
    TIMEZONE=Africa/Johannesburg
  • I’ve set up the network very simply, according to the guide, and will be expanding on the network setup in a later post.
  • As it is for a server, my non-privileged user on the server is only part of 3 groups: wheel (for sudo), storage, and users. A desktop user will likely be in many more groups.

I prefer using an application called ヨーグルト instead of Arch’s default package manager. Yaourt has the exact same usage syntax as pacman except that it supports a few extra options. It is actually a wrapper application in that it, in turn, uses pacman. 重要なことには, yaourt supports installation of applications from Arch’s AUR. ザ AUR is a repository of installation scripts built by Arch users for Arch users to easily install applications that are not officially supported by the main Arch repositories. Yaourt can download and install applications from AUR or the main repositories with the same command, treating the AUR asjust another repository”. Pacman unfortunately does not support this.

再び, the installation is covered in the wiki. I recommend the easy route mentioned in the wiki if you’re new at Arch. Its too much too soon to do it the hard way (also mentioned in the wiki entry).

When done, update your system by issuing the single command:

yaourt -Syu

または

pacman -Syu

and follow the given recommendations.

シェア