のためのタグのアーカイブ » Windowsの «

金曜日, 9月11日, 2009 | 著者:

USBの地に平和を

*ニックス オペレーティング·システム, に複数のパーティションを持つ USBドライブ ロケット科学ではありません, それだけで動作します. 私の場合, 最初のパーティションが起動可能であるので、私のUSBドライブが2つのパーティションを持つ アーチのLinux インストール.

私が持っている Windowsの 自宅でデスクトップ上 – 主にゲーム用 – そして私の同僚の多くは、あまりにもそれを使用. WindowsがWindows以外のパーティションで非常にうまくやっていないので、私は私が作成することができます考え出した FAT32 ブート可能なアーチLinuxパーティション後のメモリスティック上のパーティション. FAT32はほぼユビキタスであり、世界のすべての一般的なデスクトップ·オペレーティング·システム上で使用可能である.

Bleh

残念ながらそれはストレートバットからは動作しません. 明らかに, マイクロソフト その無限の知恵でメモリスティックが1を持っていることになっていると判断し (唯一1) パーティション. 実際にはWindowsが最初のパーティションを検索してから設定することが起こる他のものを無視します:

Please Format

誤る, いいえ, 私はあなたが私のアーチLinuxのインストールパーティションをフォーマットする必要はありません

それが動作して得るためにトリックは、デバイスを考えることには、Windowsをばかにされている しない おそらく、通常のUSBメモリスティックが、 ソリッドステートハードディスク USB経由で接続することがたまたま. はい私は知っている, これは、Windowsがこのように動作することを真剣に愚かである. ソリッドステートハードディスクだけでなんと大きいです (と高速) 結局メモリースティック!

私はまだ自分でいくつかのことを理解しなければならなかったが、私はこれを行う方法には、いくつかの情報源を見つけた. 特に, 私が見つけたガイドが、いくつかのステップをスキップするか、ドライバパッケージをダウンロードする場所について十分な情報を提供しなかったのどちらか.

この手順は、手動でハードウェアのドライバを変更し、インストールが含ま “非署名した” ドライバー “ご使用のハードウェアのために意図されていない”. 私は誰かが自分のシステムを破壊し、私を責めために起こっている知っているので、私はあなたがこの結果として、Windowsシステムにするかもしれないいかなる損害についても責任を負いませんことを今言う. もう一度それを読んで. 😛

説明書

remove the highlighted text

拡大版のためにクリック

ドライバをダウンロードし、解凍します, 元々日立によって作成された, ここで. メモ帳でcfadisk.infファイルを開きます (またはお好みの平文のエディタ), とラベルされたセクションを見つける [cfadisk_device]. セクションを削除するには、右上で強調表示:

最小化する (閉じないでください) エディタと、デスクトップのアイコンに移動します – マイコンピュータを右クリックして、Pを選択Roperties. [ハードウェア]タブを選択し、[選択] [Deviceマネージャ]:

System Properties

下のデバイスを見つける “ディスクドライブ”, あなたのメモリスティックを右クリックし、[P]を選択Roperties:

Device Manager

[詳細]タブをクリックし、そのページ上のドロップダウンボックスで, 選択する “ハードウェアID”. ハードウェアIDのリスト内の最初の行をクリックし、名前をコピーするには、Ctrl Cキーを押してください:

USB Hardware Ids

このダイアログを閉じないでください, メモ帳に戻る (その最小化された) および以前のコンテンツが除去された場合に、ハードウェアIDを貼り付け.

Changes pasted into notepad

メモ帳でファイルを保存して、デバイスのプロパティダイアログウィンドウに戻り. クリック “ドライバ” タブをクリックします [Uまず最初にすべきドライバー…] ボタン. ポップアップするウィンドウ内の, 選択する “しない, 以下この T名前”; [NEXT] -> “リストまたはAからインストールする Specific場所 (高度な)”; [NEXT] -> “Don't検索. 私は、インストールするドライバを選択します。”; [NEXT] -> [HAVEディスク…].

Unsigned Drivers - Click Continue Anyway

変更したcfadisk.infファイルを保存したフォルダを参照. クリック [[OK]]. あなたが見つかります

記載されている日立マイクロドライブのドライバがあります. これを選択し、をクリックします [NEXT]. ときに警告

表示, クリック [Yこれは]. 別の警告は、同様の問題に関するポップアップ表示されます (これらは “署名されていない” と “ご使用のハードウェアのために意図されていない” 私は前述の警告). クリック [C言語とにかくontinue]:

この時点で私はセットアップに関連するすべてのダイアログボックスを閉じることをお勧めします. 最終的に, 削除して再挿入あなたのUSBポートにUSBメモリを、あなたはスティック上の余分のパーティションがアクセス可能であることを見つける必要があります. 最悪の場合, あなたはまだしなければならない場合があります ディスクをパーティションに分割 しかし難しい部分は終わった. 🙂

シェア
月曜日, 月06th, 2009 | 著者:

私は出くわした 2 のバグ Windows Serverの 2003 また、に関連していること ウィンドウズXP.

ショート回路

1. インターネットエクスプローラのデスクトップアイコンは無効になります. あなたは、アイコンをダブルクリックすると, IEが起動するように期待して, それは単に、追加を生成 ショートカット. その後のダブルクリックは、再びより多くのショートカットを作る. それは可能です, 回避策として, [スタート]メニューから、IEを起動する.

私の最初の推測では、ということでした マルウェア 私は新しいショートカット、さらにマルウェアをオープンしたこれらの新しいショートカットをクリックしてくださいしようとしていた. このアイデアはすぐ以来ものの色あせた, マルウェアは、これらの症状を生成するためのシステム権限を持っているならば, それがさらに権限を提供するために私を必要としないだろう.

私は最終的に発見 ここで 実際の問題が何だったの. 私の場合, 原因はIE6は時代遅れであることに関連していた. Windowsの場合は レジストリ エントリの名前は “LegacyDisable” およびレジストリキーの特定のタイプに追加されます, それは、Windowsキーが廃止され、それが唯一の下位互換性のために残されていることであることを知ることができます. この場合, それが意図された、主なものを無効に “動詞” 機能 (ダブルクリックする) ショートカットの: IEを起動する.

修正するには, あなたは、IEの最新バージョンにアップデートするか、直接レジストリエントリを修正するか、. あなたも、IEの最新バージョンでこの問題が発生した場合、レジストリ値は、私はそれを修正する方法を知っている唯一の方法である.

危険, ウィル·ロビンソン!

これは些細なレジストリの変更ですが, レジストリは、まだそうと混乱に危険なものである, いつものように, レジストリのバックアップをとる: 見る KB322756. 誰も私を責めるために取得しない トラッシング 彼らのシステム. 😛

登録解除私!

.regファイルに次のように貼り付けて、それを実行する; または手動で削除 “LegacyDisable” 呼ば-にここにエントリー:

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID {871C5380-42A0-1069-A2EA-08002B30309D}\シェル NoAddons ]
"LegacyDisable"=-
 
[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID {871C5380-42A0-1069-A2EA-08002B30309D}\シェル OpenHomePage]
"LegacyDisable"=-

私を火災!

2. IEの中から任意のサイトを参照しようとすると、, IEは休眠しばらく残る Firefoxの 起動される. Firefoxはその後、もともとIEで要求されたページをロードする.

多くは、ほとんどの時間を、これは勝利であると考えるかもしれませんが [ここで幼稚な笑いを挿入], 私はを参照したいサイトがあった Windowsの更新プログラム サイトどの, 残念ながら, Firefoxを使用している場合は機​​能しません. 同じ支持ウェブブラウザに依存する他のサイトにも適用される アクティブエックス.

私も登録解除!

私は最終的に解決策を見つけた ここで, それは最初のバグのためのソリューションと同様であることが判明 – それはキー全体を削除することを除き、. 再び, あなたが続ける前に、レジストリのバックアップを持っていることを確認. ここ.regファイルの関連性の高いコンテンツです:

[-HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID {C90250F3-4D7D-4991-9B69-A5C5BC1C2AE6}]

私は誰にも同様の問題を持つために物事を解決します願っています. 🙂

シェア
木曜日, 1月22日, 2009 | 著者:

私はごく最近のために、クライアントのウェブサイトの問題を発見した .htaccessファイル ファイル. サイトでホストされていた Windowsの サーバーの実行中 IIS 使用 IISPassword, これを利用している .htaccessファイル その設定用のファイル.

IISPasswordはとまったく同じルールに従っていない アパッチ 但し. 。htaccessファイルは、それを存在している場合 しなければならない IISPassword - 適切なルールが含まれている, そうでない場合、サーバは次のエラーが返されます。:

Error 500 given by IIS Password
ここに。htaccessファイルの内容です. 私は適切にexample.comを指すように、最終的なリダイレクトURLを変更した:

RewriteEngine 上の
のRewriteCond %{HTTP_REFERER} .*グーグル。* $ [ノースカロライナ州,または]
のRewriteCond %{HTTP_REFERER} .*AOL。* $ [ノースカロライナ州,または]
のRewriteCond %{HTTP_REFERER} .*MSN。* $ [ノースカロライナ州,または]
のRewriteCond %{HTTP_REFERER} .*ヤフー。* $ [ノースカロライナ州,または]
のRewriteCond %{HTTP_REFERER} .*Yandexの。* $ [ノースカロライナ州,または]
のRewriteCond %{HTTP_REFERER} .*ランブラー。* $ [ノースカロライナ州,または]
のRewriteCond %{HTTP_REFERER} .*すでに。$ [ノースカロライナ州]
するRewriteRule .* HTTP://梅毒にかかったフィッシング -  url.example.com [R,ザ·]

この場合 でApacheを実行しているサーバー上の mod_rewriteの, ほとんどのWebユーザが正しいサイトコンテンツに直接行く. 彼らは。htaccessファイルにリストされている検索エンジンとインデックスを通じてサイトに到達した場合にのみ、, 彼らはクラッカーが被害者が達したいと思う梅毒にかかったフィッシングURLにリダイレクトされます.

もちろん, クラッカー (あるいはおそらく自動化されたワーム) 問題のサーバがあっても、これらのmod_rewriteルールをサポートしていないことを認識していなかった. しかし、どちらにしても, 私はサイトであるかどうかについて多くの引数を予見することができますように、これは非常に憂慮すべきである 仕事

シェア
月曜日, November 17th, 2008 | 著者:

I’d never really had the need to connect to a VPN until this weekend. After connecting, I found that my Internet access was rather non-functional except to the VPN in question. A colleague happened to be on hand (he’d given me the access details in the first place) and he quickly suggested this workaround.

Today, a client had the same issue. Perhaps this problem is more common than I first thought.

When connecting to the VPN, Windows updates the default gateway on your desktop to reflect the VPN’s settings. Most likely, 但し, you only need to access specific subnets on the VPN and you want all unrelated traffic to use your “古い” settings.

It turns out that its a simple checkbox that needs to be unchecked. The jist (sp.??) of finding the setting: Right-click the VPN in Network Connections -> Properties -> Internet Protocol (TCP/IP); [Properties] ; [高度な], and uncheck the “[ ] Use default gateway on remote network”.

Then click the usual OK/Apply/Yes-of-course-your-dialogue-ness (all the while reading and absorbing any warnings appropriately) until you’re back to your Network Connections window. Right-click the VPN connection and disable / re-connect.

You should be able to confirm that the Default Gateway does not change by running the command-line app IPCONFIG before and after enabling the VPN connection. Look specifically for the line labelledDefault Gateway”.

[edit reason=moore”]…

It turns out that a possible reason for this setting being the default setting is for security. If your desktop happens to be compromised or inadvertently routing traffic, connecting to the VPN might expose the supposedlyprivatenetwork to the Internet.

シェア
火曜日, November 11th, 2008 | 著者:

I sometimes use a simplified remote desktop script I built a long time ago, before KRDC and its kin came about. It is still useful for if you normally only connect to 1 server at a time or you want your screen’s real-estate back. Feel free to adjust the defaults. 🙂

This works for generally any distro as long as you have rdesktop installed:

((パックマン|ヨーグルト) -S|出現する|(YUM|適性) インストール) rdesktop

Copy the text into an appropriately-named file in your ~/bin/ folder. Then chmod it to be executable and link the second alias.

tricky@swiftspirit:~$ [ -d ~/bin ] || mkdir ~/bin
tricky@swiftspirit:~$ nano ~/bin/rd
tricky@swiftspirit:~$ chmod +x ~/bin/rd
tricky@swiftspirit:~$ link ~/bin/rd ~/bin/rdc

また, create a folder at /media/rd that is writable only by root but readable by anyone. Then also create a second folder within this which is writable by anyone. The /media/rd folder is shared with the remote desktop when you connect so it is useful to keep small scripts or applications that you might install or need often in this folder. The /media/rd/honey folder is there for security purposes so that you can copy content to your desktop but ALSO so that a virus-infected server doesn’t infect your existing executables and scripts in the main /media/rd/ folder:

tricky@swiftspirit:~$ sudo mkdir /media/rd
tricky@swiftspirit:~$ sudo mkdir /media/rd/honey
tricky@swiftspirit:~$ sudo chown -R root:root /media/rd
tricky@swiftspirit:~$ sudo chmod 755 /media/rd
tricky@swiftspirit:~$ sudo chmod 777 /media/rd/honey

copy rd’s content from ここで.

Once this is in place, to connect to a server, type the command into your terminal from within your GUI:

tricky@swiftspirit:~$ rd my.server.swiftspirit.co.za

If you want to connect to a console session (session 0), use the rdc バージョン:

tricky@swiftspirit:~$ rdc my.server.swiftspirit.co.za

Improvements and suggestions are welcome. I’d built a version which could save your passwords into a shadow file using openssl however I never quite got it to work. Maybe another time. 😉

シェア